中央大学
大学東京都

〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1

パンフ追加

気になるリストに追加

中央大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

中央大学

酒井正三郎

酒井正三郎
総長・学長

中央大学は、1885年に英吉利法律学校として創立されました。創立に携わった若き法律家18人は、当時国内で主流だったフランス法ではなく、実社会と密接に結びついたイギリス流の経験主義、合理主義を基礎とした法律を学ぶことこそが、わが国の司法制度の確立と近代化を達成するために必要であるとの考えに立ち、「實地應用(じっちおうよう)ノ素(そ)ヲ養(やしな)フ」を建学の精神に掲げ、本学を創設しました。爾来120有余年にわたり、時代におもねることのない創造的批判精神に基づく実学教育は、本学のゆるぎない伝統となり、本学はこれによってわが国大学界のリード役となり、その社会的使命を果たして参りました。

今日中央大学は、こうした実学の伝統を具現化すべく、6学部、大学院8研究科、専門職大学院3研究科、4附属高等学校、2附属中学校、9研究所を擁する総合大学、総合学園として、高度専門職業人の育成に邁進しています。現在、時代の要請に応え、実地応用の精神で人材を育成する校風は、「行動する知性。―Knowledge into Action―」というユニバーシティメッセージに受け継がれ実践されています。

たとえば、社会的ニーズの高いテーマのもとに課題発見・問題解決型の学際的・学部横断的教育を実施する「FLP(ファカルティリンケージ・プログラム)」などは、ディシプリンごとの学部を単位としたわが国の大学教育のあり方に風穴を開ける先駆的事例として、すでに10年以上の歴史をもっています。また、民間企業だけではなく、官公庁、法律事務所、国際関係機関等を実施先にして展開されているインターンシップなども、全国の大学に先駆けて行われている実学教育の一つとして数えることができるでしょう。こうした取り組みは、いずれも本学学生のグローバルな舞台への積極的な挑戦を特色として含むものですが、かかる実績が評価され、本学は文部科学省の平成24年度「スーパーグローバル大学等事業 経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援(旧グローバル人材育成推進事業)」のタイプA(全学推進型、事業期間最大5年間)に採択されています。

このように本学は、実学教育の実践で社会的に高い評価を得てきておりますが、急速に変化する時代の中で、少子高齢化や地方創生、貧困問題や食糧問題など、国内外の諸問題は絶えず生まれています。また、2020年に東京オリンピックの開催が決定し、トップアスリートの育成ばかりでなく、幅広い世代でのスポーツを通じた活性化が期待されています。そこで本学は、教育・研究・社会連携活動を通じて、社会の変化に対応し、課題解決に向けてひたむきに努力できるタフな人材を育成すべく、今後、研究教育をめぐる施設設備や制度を再設計していく所存です。

ただこの再設計も、学生と教職員だけでなく、本学の卒業生や在学生のご父母との繋がり、多くの皆さまのご理解とご協力なしには推進することはできません。本学は2015年に創立130周年を迎えます。私は、これまでの良き伝統を守りつつ「オール中央」の体制を再構築し、新たな世紀において、創造的批判精神に基づく実学教育の伝統を継承し、いっそうの発展を目指して努力して参りたいと思います。

中央大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop