京都美術工芸大学
大学京都府

〒605-0991 京都府京都市東山区川端通七条上る

パンフ追加

気になるリストに追加

京都美術工芸大学の資料をすぐにもらう

おすすめポイント

京都美術工芸大学

世界の作り手との交流を通して デザインの新たな可能性を探る

世界の作り手との交流を通して デザインの新たな可能性を探る

●日本で交流
2015年度はエコール・ブール国立工芸学校から学生と先生が本学に約4週間短期留学し、本学の学生と共に創作活動に取り組みました。留学生は陶芸や漆芸などの実習をはじめ和紙工芸や日本画などの授業を受講し、それぞれの分野で作品を制作。また、休日には京都市内観光や学生との交流を積極的に行い、お互いの親交を深めました。

●パリで交流
本学の学生が約4週間、エコール・ブール国立工芸学校で学ぶ短期留学も実施しました。最高の環境で最高峰のものづくりを学び、フランス独自のデザインや技術、学生たちの真剣な姿勢などから大いに刺激を受けられます。授業以外でも、ルーヴル美術館やノートルダム大聖堂など、世界的に有名な観光名所で感性を養い、休日は、ホームステイ先の家族との交流を楽しみました。

世界のアートに触れる イタリアへの海外研修を毎年実施

世界のアートに触れる イタリアへの海外研修を毎年実施

毎年、希望者によるイタリアへの海外研修を実施しています。ローマやミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェなどの文化遺産や、通常のツアーでは見学できない伝統工芸の工房など本場の制作現場を訪れ、国際的な視野を養うことができます。2015年度は、歴代ローマ教皇のコレクションを収蔵展示する世界最大級のヴァチカン博物館などを訪れたほか、フィレンツェ市内の陶磁器工房や銀細工工房、ヴェネツィアのゴンドラ舟工房、ミラノのヴァイオリン工房を訪れてマエストロの作業の様子を見学しました。

エコール・ブール国立工芸学校との 合同作品展を京都伝統工芸館で開催

エコール・ブール国立工芸学校との 合同作品展を京都伝統工芸館で開催

2015年10月、4回目となるエコール・ブール国立工芸学校との合同作品展「SYMPHONY」を、本学院の付属施設である京都伝統工芸館で開催しました。本学院生が中心となりポスターなどの制作を担当したほか、フランスからの留学生と共に協力して展示。両校の作品を通じて素材、デザイン、制作技法など、それぞれの特長やその背景にある文化、歴史が感じられるイベントとなりました。

フランス最大のデザイン学校 エコール・ド・コンデと国際交流

フランス最大のデザイン学校 エコール・ド・コンデと国際交流

フランス最大のデザイン学校である「エコール・ド・コンデ」と提携。今年度は5月から約11週間にわたって留学生を受け入れています。金継ぎや有線七宝をはじめとする伝統工芸や文化財修復技術の実習に取り組むほか、本学院生とのさまざまな交流イベントを通じて、日仏の絆を育みます。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop