京都華頂大学
大学京都府
京都華頂大学

〒605-0062 京都府京都市東山区林下町3-456

パンフ追加

気になるリストに追加

京都華頂大学の資料をすぐにもらう

学生の声

京都華頂大学

木村 奈保 評判・口コミ

木村 奈保

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

京都華頂大学 現代家政学科 ライフデザインコース

きっかけは高校の家庭科の先生でした

高校の時の家庭科の先生が、家庭科の面白さをたくさん教えてくれたのがきっかけで、家庭科の教員免許の取れる大学・コースを選びました。大学選びについて、その先生には「私の母校の大学だったら、色んな繋がりがあるから相談もしやすいかも」と言ってもらっていました。でも、誰かにバックアップしてもらうんじゃなくて、自分で判断したり、分からないことは自分から聞いたりして、まだまだ未熟な自分を成長させていかないと、と思ったんです。
そこで、何の繋がりもない京都華頂大学のライフデザインコースを選びました。

ライフデザインコースでの学びは将来の選択肢を広げてくれました

初めは家庭科の先生になるために大学を選びました。でも今は、先生になるつもりはないんです。実習を通して、自分で何かを作ることが楽しくなり、将来は一般企業に就職して、自分で色々考えながら何かを生みだす仕事をしたいと思うようになりました。将来の仕事の幅が広がりましたね。
さらに、「現代家政学部」の勉強では、将来の生活の幅も広がりました。結婚や家族の問題は私たちにとってはとても身近です。でも、母親に改めて聞いたりすることはなくて。いつか私も結婚するので、とても興味深い学びになっています。

課外活動

2回生から“産学協同プロジェクト”に参加しています。1回生は2回生で選択する履修モデルコースをじっくり考える時期で、3回生は教育実習で忙しい時期なのですが、2回生は自分で動かないと何もない。そこで、このプロジェクトに参加しました。現在、京都の老舗和菓子店と学生が一緒になって、「若い子が楽しめるような和菓子作り」をテーマに活動しています。

放課後・休日の過ごし方

自作の雑貨をつくっています。大学の実習でブラウスを作って以来、自分で考えて作るのが楽しくて、ミサンガ作り・刺し子・フェルトケーキなどを作ってきました。「ミサンガはこういうもの」「ブラウスの定番はこれ」っていうありきたりな考えが楽しくなくて、自分で考えて作るようになりました。

京都華頂大学の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop