北星学園大学
大学北海道
北星学園大学

〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2丁目3番1号

パンフ追加

気になるリストに追加

北星学園大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

北星学園大学

田村 信一

田村 信一
学長

北星学園の出発点は、1887年にアメリカの女性宣教師サラ・C・スミスによって設立されたスミス塾でした。そして、「北星」への改称に際しては、スミス塾の役員であった新渡戸稲造が重要な役割を果たしたといわれています。ご承知のように新渡戸稲造は『武士道』の著者であり、日本人の精神的・倫理的資質の高さを世界に紹介する一方、日本人に対してはキリスト教の基盤に立った欧米の近代産業社会に目と心を開かせようとしたのでした。その後、北星学園は1951年に女子短期大学、1962年に大学を開設し、2002年に女子短期大学が北星学園大学短期大学部となって現在に至っています。日本人であることを誇りにしながら、キリスト教の価値観に基づいて、豊かな教養と国際的な広い視野を持ち、公正な社会のために働く自立した社会人を育てることがわれわれの教育の目的です。
 このような立場から大学と短期大学部は、早くから国際交流に力を注いできました。現在ではアメリカ、カナダ、イギリス、スペイン、中国、韓国、台湾、インドネシアなどに多くの提携校があり、また、多彩な短期プログラムも展開されています。海外留学によって異文化を経験するだけではなく、北星に留学している外国人留学生との交流を通じて新鮮な体験を積むこと、これは皆さんの人生にとって計り知れない貴重な出来事となるでしょう。さらに学生生活で重要なことは、国内の様々な地域から来た学生やサークルでの先輩との付き合い、学業や就職・進路に関わる教職員との相談などを通じて、年齢や出身地の異なった多くの人々とのコミュニケーションを深めることです。大学と短期大学部は少人数教育の強みを生かして、皆さんが本当の意味で大人になるためのサポートができると確信しています。
 札幌市の木として市民に愛されているライラックは、創設者のサラ・C・スミスがアメリカの故郷エルマイラから持ち込んだものが最初で、大谷地キャンパスに咲くライラックはその子孫から接木されたものです。ライラックの咲き誇る緑豊かな大谷地キャンパスで実り多い学生生活を送ることができるよう願ってやみません。

北星学園大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop