北海道薬科大学
大学北海道

〒006-8590 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1

パンフ追加

気になるリストに追加

北海道薬科大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

北海道薬科大学

仁木 美都子さん 評判・口コミ

仁木 美都子さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

北海道薬科大学 薬学部卒業
平成19年
薬剤師
株式会社クリオネ・北17条薬局

勤務3年目の今年4月から在宅業務を開始。今の目標は、医療チームの一員として薬剤師だからこそできる役割と責任を果たし患者さん本人やその家族を支えていくこと。患者さんに深く関わる在宅業務薬剤師としての力を発揮したい

今の職場を就職先に決めた理由のひとつが、在宅業務があること。患者さんともドクターとも関わりながら、薬剤師としての経験を積めるかなと思ったからです。一日中同じ場所で働くよりも、外へ出られる、というのも魅力でした。

就職してから3年目を迎えた今年の4月から、いよいよ私も在宅業務を担当することになりました。転勤する先輩の業務の一部を引き継ぐ形で、私は高齢の方たちが暮らすグループホームと、個人宅にお住まいの患者さんの担当をすることになったのです。

グループホームへの訪問は基本的に週に1度。担当医師の往診に、看護師と私が同行するスタイルです。往診中は医師のお話から必要なことをメモし、その後、薬局に戻って処方せんに基づいて調剤を行います。そして、薬の用意ができたらグループホームに届け、グループホームのスタッフの方に、薬の取り扱い方法、副作用、服用方法などについて説明をします。個人宅の患者さんには、処方せんをいただいて、調剤した薬を持参し、患者さんご本人とご家族に薬の説明などを行います。

在宅業務を始めて感じるのは、やはり患者さんや医師と深く関わる仕事だということです。在宅業務は、薬局で薬をお渡しするのとは違い、患者さんが飲まずに残してしまった薬の量や、薬の保管状態もわかります。これまでとは違う形の責任が、在宅業務に関わる薬剤師にはあることが見えてきました。医師、看護師とともに患者さんを支える医療チームの一員として、薬剤師である自分の力を発揮したいと思っています。

北海道薬科大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop