北海道薬科大学
大学北海道

〒006-8590 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1

パンフ追加

気になるリストに追加

北海道薬科大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

北海道薬科大学

岡野谷 和則さん 評判・口コミ

岡野谷 和則さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

北海道薬科大学 北海道薬科大学大学院修士課程修了
平成11年
薬剤師
株式会社伊藤園

研究は難しいから面白い。その言葉の意味が、深くわかります。香りの専門家として商品開発を支えている誇りが研究のやりがいです。

おいしさは香り―。ご存じでしょうか?これは伊藤園の商品に書かれているキャッチコピーなんです。私の専門は、その「香り」についての研究。香りや味に関する成分分析を中心に、茶系飲料のおいしさに関する基礎研究、おいしさを向上させるための研究・技術開発に携わっています。
お茶の葉の製造は、茶葉を揉みながら乾燥させる荒茶工程と、香味をつくる仕上げ工程に大きくわけられ、商品によって、調整する香りや味は違います。甘い、しょっぱい、苦い。味覚に種類があるように、お茶の香りも分類ができ、その数は約200種類。実にたくさんの数ですよね。
お茶のおいしさは感覚的にわかるものですが、それに化学的な根拠を見いだすのが私の仕事です。多数含まれる香気成分の香りの質やバランスの解析、不明な香りの原因調査、新しい分析法の開発など、さまざまな研究に携わってきました。
香りって本当に重要なんです。例えば、鼻をつまんで食べると、味がわかりませんよね。香りがないと、味気ないというか、おいしくないんです。そこは研究者として強く言いたいところ(笑)。目に見えないけれど、欠かせないその存在に惹かれ、決して容易には進まない研究の奥深さに魅せられたのだと思います。おいしさは香り―。自社商品の核を支える研究に携わっている。これは私の誇りであり、仕事に対する原動力になっています。

北海道薬科大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop