北海道薬科大学
大学北海道

〒006-8590 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1

パンフ追加

気になるリストに追加

北海道薬科大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

北海道薬科大学

武田 和彦さん 評判・口コミ

武田 和彦さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

北海道薬科大学 薬学部
昭和59年
薬剤師
第一ペット商事株式会社 代表取締役社長

今の仕事は、ペット用品卸会社の代表。けれども、薬剤師として経験してきた多様な分野の経験と人との出会いが、「社長業」に大きく役立っています。ペット関連の卸会社を経営用品とともにペット用薬を扱う

よく「ペット業界はまだ、景気がいいでしょう」と言われるんです。小型犬が売れてますよねと。とんでもない。自分の生活で大変な時に、新たに犬を飼う人はいないでしょう。かつての大型犬ブームから、室内で手軽に飼える小型犬が主流となり、それだけで用品もドックフードも売上げ規模でみると縮小傾向。業界全体でも厳しいという声が聞こえます。

と、そんなことを考えていて、ふと振り返ってみると、薬剤師の勉強をしていた頃には思いもよらなかった道を歩いているなと、感慨のようなものを覚えます。現在、私は、義父が創業したペット用品全般と小動物、昆虫などを扱う総合卸売商社の代表を務めています。当社では20年前、ペット業界の人材育成を目指して犬の美容学科と道内初となる動物看護学科を備えた専門学校を設立。新たな事業展開を始めた転機の時期に誘われて入社し、営業職を担当した後、"後継ぎ"として経営を担うことになりました。

当社では、約1万アイテムのペット関連用品を扱い、主にペットショップへと卸しています。ペットフードから各種グッズ、シャンプーなどケア用品の他にペット用の薬を扱っており、薬剤師の資格が関係してくるのはこの部分です。

北海道薬科大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop