北海道薬科大学
大学北海道

〒006-8590 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1

パンフ追加

気になるリストに追加

北海道薬科大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

北海道薬科大学

田中 紗千代さん 評判・口コミ

田中 紗千代さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

北海道薬科大学 薬学部卒業
平成19年
薬剤師
(株)アインファーマシーズ

「薬剤師だから何でも分かるはず」来店されるお客様はみなさん、そう期待して私たちに相談します。その期待に応えられるよう頑張っています。薬剤師はスーパーマン?何でも分かると思われている

病院なら内科や外科、皮膚科などに分かれていますが、薬局に科はありません。風邪やケガ、ニキビなど、病院へ行くほどではないけれど、さまざまな症状に困っている方が来店されます。お客様にとって薬局の薬剤師は、薬に関してのどんな質問にも答えてくれる存在。何でも分かっている、と期待されています。

でも、残念ながら薬剤師もスーパーマンではありません。申し訳ないとは思いながら、質問にすぐにお答えできないときもあります。もちろん、そんな場合は、メーカーに問い合わせたり、専門書で調べたりして、お客様をお待たせしないよう出来る限り素早くお答えするようにしています。

さらに、ドラッグストアの薬剤師にとって大事なのは、お客様の状態を的確に把握するためのコミュニケーション技術。「咳止めが欲しい」「解熱剤を下さい」というお客様にも、どんな症状なのか、何が辛いのか、いつからそういう状態なのか、今ほかに飲んでいる薬はあるか、病院には行っているのかなどの質問をさせていただいて、そのお客様の状態に合った薬をお勧めすることが大切。

かなり具合が悪そうだったり、急いでいたりといろんな状況のお客様がいらっしゃいますから、その場で状況を判断しながらの接客ですが、場合によっては病院に行くことを勧める受診勧告をしなければなりません。そのためには、薬だけではなく疾病に関する知識もしっかりと持っていることが必要です。

やっぱり一番身近な街の医療人として、何でも分かるようにならないといけないんですよね。

北海道薬科大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop