千歳科学技術大学
大学北海道
千歳科学技術大学

〒066-8655 北海道千歳市美々758-65

パンフ追加

気になるリストに追加

千歳科学技術大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

千歳科学技術大学

土井 純也 評判・口コミ

土井 純也

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

千歳科学技術大学 小松川研究室
2007年卒業
株式会社ワオネット

現在の仕事の紹介

在宅学習のための指導システムや教育関連のWebサイトの製作・開発に携わっています。
Java、PHP、Flashなどのプログラミングやサーバ構築など、幅広い種類の仕事をしています。今は、文字や絵を簡単にデジタルデータ化できる“アノト方式デジタルペン”というペンを利用したシステムの開発が中心です。入社時は専門知識もほとんどありませんでしたが、OJTを通して先輩社員から色々教えていただき、少しずつ知識も増えてきました。

現在の生活

会社まで地下鉄で20分くらいの場所に住んでいます。通勤時間が短く助かっています。
生まれてからずっと北海道だったので、大阪の環境に馴染めるかどうか最初はとても心配でした。実際に大変だったのは、花粉症と梅雨です。ですが、「住めば都」と言うように、今は快適に生活しています。

趣味等

いろいろな地域のめずらしい建造物やおいしい食べ物を堪能することが趣味です。
休みの日は、行ったことのない場所にドライブに出かけています。大阪周辺には、京都、神戸といったお洒落な都市が数多くあるので、気が向けばショッピングに出かけたりもします。
自分の知らない地域・環境を肌で感じることで良い刺激を受けています。

大学時代の生活、役立ったこと、後輩へのコメント等

大学生時代に社会を体験できるものとして、インターンシップやバイトがあると言われます。私もやりました。ですが、実際に社会に出て働いてみると、そういった学生時代の経験とは大きく違う点がいくつもありました。その中で一番強く感じたことは“責任感”です。社会人は“責任感”が強く要求されることが必ずあります。インターンシップやバイトのときにも、“責任感”ということを心に留めて取り組んでいればよかったと思います。

大学生の時に一番忙しかったのは、他大学の友達と違い大学4年生の時でした。4年生で海外旅行に行ったりして遊んでいる友達とは対照的に、私は研究ばかりしていました。その時はつらいと思いましたが、その研究が今確実に活きています。今となっては良い思い出です。みなさんも大変だ、つらいと思う時期があるかもしれませんが、その経験が将来的に必ず役に立つので、未来を見据えて努力し続けてください。

千歳科学技術大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop