名古屋芸術大学【芸術学部芸術教養領域】
大学愛知県

〒481-8503 愛知県北名古屋市熊之庄古井281(東キャンパス内)

パンフ追加

気になるリストに追加

名古屋芸術大学【芸術学部芸術教養領域】の資料をすぐにもらう
名古屋芸術大学【芸術学部芸術教養領域】の個別相談・個別見学に申込む
ご希望に合わせて調整します。
レコーディングスタジオや各種工房など、芸術大学ならでは
の施設をご案内します。入試相談も可能です☆

先生・教授・講師からのメッセージ

名古屋芸術大学【芸術学部芸術教養領域】

竹本義明

竹本義明
名古屋芸術大学 学長

芸術という共通語を手に人生を切り拓いてほしい。いくらでも可能性は広がっているのだから。

世の中に目を向けると、まさにボーダレスというように、さまざまなものが融合したり連携し、新しい枠組みができつつあります。感性の鋭い若い皆さんは、とても敏感にいろんなことを自分の意に添うカタチで学べる場を求めていることでしょう。
私たちは、芸術系総合大学としてそれに対応するような大学の改革を進めてきました。専門性を維持し、そこに軸足を置きながら、あらゆるものに挑戦できるのが、名古屋芸術大学の特徴です。
私たちが最も大切にしているのは、芸術を通じた人間教育です。つねに自分自身をポジティブに、結果のわからない先に対して、ワクワクするという気持ちを抱ける人となるように。そして、それを勇気づけてくれるのが、芸術の力なのです。
皆さんは、中学校、高校で勉学の他にいろんな興味を持って活動してきたと思います。できれば、ずっと自分の好きなことをやりたいというのが本心でありましょう。でも、アートやカルチャーが好きでも、芸術大学を出て将来どうするの?と考える人もいるかもしれません。
ですが、現状を見れば、大企業が簡単に破綻してしまうなど、本当に数年先はわからない時代です。そうなると大切なのは、自身の能力を最大限に向上させ、どんな場面にも対応できる自分になることです。今というのは、芸術系の卒業生にとっては、むしろ良い時代です。プロに近い活動もできれば、確かな仕事に就き自分の力を発揮することも、また趣味に活かすこともできる。固定的に考えなくとも、いくらでも選択肢は広がっている。だからこそ、大学の四年間は好きなことを学んで、ぜひ四年をかけて自分の将来を描いてほしいのです。
好きなことをやる時には、本当にすごいエネルギーが出てきます。そういう軸足があれば、いつか大きく花開いてくるものです。自らが行動でもって人生を切り拓いていけるような、新しい芸術の学びを実践し、学生の皆さんと一緒に、新しい〝名芸大〟を創っていきたいと思います。

名古屋芸術大学【芸術学部芸術教養領域】の卒業生の声一覧
名古屋芸術大学【芸術学部芸術教養領域】の個別相談・個別見学に申込む
ご希望に合わせて調整します。
レコーディングスタジオや各種工房など、芸術大学ならでは
の施設をご案内します。入試相談も可能です☆

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop