和光大学
大学東京都
和光大学

〒195-8585 東京都町田市金井町2160

パンフ追加

気になるリストに追加

和光大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

和光大学

狩野 智宏 評判・口コミ

狩野 智宏

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

和光大学 人文学部 芸術学科 卒業 (現:表現学部 芸術学科)
狩野グラススタジオ主宰

見たことのない映像をつくることに没頭していた

大学時代は何に夢中でしたか?

8mmフィルムで撮る実験的な映像の世界にはまっていましたね。16mmフィルムで作品をつくっている友人がいたり、周りの影響は大きかったと思います。専攻は日本画でしたが、卒業制作では映像作品を2本つくりました。それを認めてくれるのが和光大学のいいところです。映像を仕事にしようと思っていたので、CM制作会社へ就職。当時所属していた映像系サークルから初のCM業界への就職だったようです。

和光大学を選んだのはなぜですか?

美大を目指し浪人していた時、高校時代に本当にお世話になり、尊敬していた現国の先生から「和光大学がキミに合うと思う」と紹介され、それならば!と入学を決めました。当時、美術系の大学は「アトリエの閉鎖」と言われるように、分野の壁を越えた交流はあまり行われていませんでした。ところが和光大学ではすべてがオープン。版画もやる、彫刻もやる。入学後にさまざまな表現に触れられる環境で可能性が広がりました。

後輩へのアドバイスをお願いします。

私の場合、ガラス造形作家を志したのは28歳の時でした。大学時代にガラスをやっていたわけでもなく普通に考えたら遅いスタートだと思います。でもそれは挑戦をやめる理由にはならないんですね。ガラスに惚れ込んでしまったんですから。人間、どうしても気づかないうちに自分で限界を決めてしまうものです。高校生の皆さんにはぜひ、自分は一体何がしたいのか本心と向き合ってほしい。目標をつくってほしい。夢は必ず叶います。

和光大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop