大谷大学
大学京都府

〒603-8143 京都府京都市北区小山上総町

パンフ追加

気になるリストに追加

大谷大学の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

大谷大学

大谷大学の学部・学科一覧

社会学部(2018年4月設置)

100名

キャンパスを飛び出し、地域が学びの場に。 現場主義のカリキュラムで実践力を身につける。 地域を訪れてさまざまな課題に向きあう現場主義の学びを重視。まちづくりや相談・援助などの実践的な手法を習得しながら、解決の方向を見出していきます。「人とあう、聞く、話す、実践する」力が身につく4年間。公務員、NPO、教育、医療、福祉分野での活躍をめざします。

地域政策学コース

住民の声を直接聞き、問題を見つけ出して解決へと導きながらこれからの暮らしをつないでいけるよう、地域の自治体などと協力しながら実践の中で学んでいきます。さらに地域の知られざる魅力や情報を掘り起こし、メディア制作や発信を通じて、地域の入り口づくりをサポートする力を身につけます。

社会福祉学コース

高齢者が集まるサロンや、障がい者の就労を支援するカフェや農園など、実際に福祉の現場に足を運び、少子高齢化が進む現在に必要とされる仕組みを考えます。福祉の専門力を身につけて、暮らしの課題に向きあい、地域社会を支える取り組みを学びます。

120名

社会のあらゆることが学問になる。 専門的な物の見方や考え方を養っていく。 学生が興味・関心をもつ、あらゆることが学びの対象です。自由で幅広いテーマの中から課題設定を自身でおこなうことが探究のスタート。演習やプロジェクト型研究などのアクティブ・ラーニングを通して、社会学の専門的な物の見方や考え方、調査・分析方法を学んでいきます。進路には、報道や出版、観光、販売やサービス、公務員などが想定されます。

現代社会学コース(公共社会/人間関係/現代文化)

<公共社会>貧困の原因のほとんどは「個人」ではなく「社会」にあると言われています。例えば女性活躍推進にまつわる賃金格差や雇用の不均等、不平等な環境や制度など、それらの社会問題の実態を調査・分析し、解決のための糸口を探します。さらに、人権問題についても、個人と社会の折りあいをめぐる事柄について考えます。 <人間関係>簡単に人間関係が築けるツールとして誰もが利用するようになったSNSは、便利な反面、いじめの原因になったり、リアルな人間関係が苦手になったりする危険性もはらんでいます。現代の人間関係やコミュニケーションのあり方、人の心の絆について、社会調査や文献などを通じ、社会病理・社会心理の視点から理解を深めます。 <現代文化>アニメ・マンガ・ゲームの世界と私たちの日常とのつながりや、祭り、スポーツ、ファッションといった現代文化の普及や流行の背景など、ポップカルチャーのフィクションに感じるリアリティ、新しい人と世界のカタチについて考えます。現代文化の創造者かつ消費者である現代人の今を、社会学の視点から読み解きます。

教育学部(2018年4月設置)

130名

子どもたちの心の声を受け止めて、 さまざまな困難に立ち向かえる先生をめざす。 小学校教員を取り巻く社会的なニーズに対応するために、教育学、心理学、教科教育学など教育に関する理論と実践を学ぶ「初等教育コース」。乳幼児の世界をとらえ深く関わるために、幼児教育と保育及び子どもの福祉に関する理論と実践を学ぶ「幼児教育コース」。どちらも、徹底した少人数制教育で、高い専門性と協働するチーム力を養います。

初等教育コース

少人数制でのアクティブ・ラーニングに対応した授業を展開し、社会や国語などの9教科を全て修得します。理数系に自信のない学生向けに算数と理科の教科学習や指導力をつけるための授業を多数開講します。また、地域の子どもたちと交流するイベントの企画・運営や、仏教の教えを基盤とするコミュニケーション能力の習得など、これからの教育に必要な柔軟性の高い教員の育成に力を入れています。

幼児教育コース

第1学年から保育の現場でボランティア等をおこない、子どもや保育者の姿から体験的に学ぶことを大切にしています。情操にも影響を与える音楽・造形など芸術分野に関する授業や「こころ」に関する高度な専門性を学ぶ機会を多く設けることで、多彩な職場で活躍できるスキルの向上をめざします。

文学部

60名

親鸞の思想や生涯を知り、自己を見つめ社会を築く力を身につける。 釈尊の教説や親鸞の著作などによりながら、親鸞思想を究明し、仏教精神に基づく豊かな人物の育成をめざします。混迷の時代を生きた親鸞の生き方や思索に学ぶことを通して、人間にとっての「まこと」、すなわち人間が本当に大切にすべきことは何かを探求し、あらゆる人々とともに生きる社会の構築をめざすことのできる人物を養成します。

思想探究コース

親鸞の著作をはじめとし、仏教経典およびインド・中国・日本の先人たちの著作などの文献を通して親鸞思想を探究します。宗教的関心、真宗の歴史や典籍の研究に関心を有する人などが集い、人間の普遍的な課題を明らかにし、自身の生き方を考えます。

現代臨床コース

現代社会のさまざまな問題を切り口として、仏教、特に親鸞思想を通して人間の問題を確かめ、問題を超える道はどこにあるのかを明確にすることをめざします。人間生活に深く関わりながら、人や社会の本質を問い、教えをもとに生きる力を養います。

国際コース

世界の国々との交流が進む現代。他の宗教や思想・文化と向きあいながら、国際的視野をもって真宗を学びます。浄土真宗の教えに立ち、英語に翻訳された真宗文献を通して仏教・真宗の基礎を確かめ、大学院や海外での開教の現場で必要な力を身につけます。

25名

仏教の考え方を現代の問題解決に活かし、「知恵と行動力」として培う。 「脳死は人の死か」「iPS細胞による人体再生は許されるのか」といった、自然科学だけでは解決不可能な倫理的問題が、昨今現代社会で取り沙汰されています。仏教学科では、長い歴史をかけて人間のあり様を問い続けてきた仏教の考え方を、現代社会に生じた問題解決に活かす知恵と行動力として培います。基礎となる語学力と文献を扱う基本的な能力を身につけながら、社会の複雑な事柄の本質を見きわめ、豊かな人生を築いていける人物をめざします。

仏教思想コース

アジアを中心にさまざまな言語で伝えられ、多くの人々に受容され展開してきた仏教。地域独特の仏教思想を伝える文献を、語学力を身につけながら読み込み、仏教の思想を考えます。ふれたことのない考え方との出あいは、新たな自分の発見につながるでしょう。

現代仏教コース(2018年4月新設(予定))

現代の諸問題は民族や国家の違いを超えて複雑に絡みあい、本質が見えにくくなっています。しかも解決への正解を明言するのが難しい場合がほとんど。これらに仏教はどう答えるのか。地域に根をおろした仏教の多様な姿からヒントを得ながら、仏教の可能性を探ります。

50名

哲学への道は、日常にある身近な問題を粘り強く考えることから。日常において常識的に前提していることを問い直し、その意味を改めて説き明かそうとするのが哲学です。重要なのは、文献を通した対話や、教員や友人との議論など、人との関わりの中で他者の見解を知ること。多様かつ柔軟な視点と論理的思考力を培い、学年を追って段階的に学びながら、自分を表現することを身につけ、現代の諸問題に対処できる力を育みます。

哲学・西洋思想コース(2018年4月新設(予定))

「世界はどこまで広がっているのか」「人間とは何だろう」…。プラトンやアリストテレス、カントやニーチェなど西洋の哲学者たちの考え方を学びます。また、清沢満之や西田幾多郎など、仏教を中心とする東洋思想をプラスした日本の哲学者たちの考え方を参考に考えます。

心理学・人間関係学コース(2018年4月新設(予定))

哲学が取り扱うさまざまなテーマの中でも、「人間の心ってなんだろう」「私の夢を作っているのは誰なのか」「いじめはなくならないのだろうか」など、特に人と人との関係にまつわる問いについて考察するコースです。

倫理学・公共哲学コース(2018年4月新設(予定))

人と社会の関係性をふまえ、「よく生きるとはどういうことか」「人間の尊厳とは」など、広く社会一般の利害に関わる公共性について考えます。カントやミル、ロールズなど倫理学の古典を研究することが、現代の問題を考える重要な基盤にもなります。

宗教学・死生学コース

神や仏、人間が制御することのできない「死」など、自分を超えたものと自分との関係の考察に重点を置き、パスカルやモンテーニュなど、死と生を巡る哲学・宗教学の文献に学ぶことによって、現代人が抱えるさまざまな問題を多角的に考えます。

100名

歴史を「自分の視点」でとらえ直し、物事の「本質」を見極める力を。 これまでに学んできた歴史は人間が辿った道のりのほんの一部分であり、文献や史料を読み解けば、さまざまな出来事が浮かび上がります。歴史をとらえ直し、自分の視点で改めて考察していくのが歴史学。第2学年からは4コースに分かれ、本学が収蔵する豊富な史料や貴重な文化財を活用し、日本、世界、そして京都とあらゆる領域での研究を進めます。

日本史コース

平安時代の貴族の生活、戦国武将の生き方、幕末の志士がめざした日本の未来像など、古代から現代まで日本史の全領域を研究対象とします。歴史研究の基礎となる史料を読み解き、歴史上のさまざまな課題に迫り自分なりの仮説を立て、新しい解釈を探ります。

世界史コース(2018年4月新設(予定))

世界史を知ることは、外側からの視点を通して日本をより深く理解することにもなります。『三国志』などアジアを中心とした豊かな研究実績をもつ本学の伝統に基づき、他地域も視野に入れながら、境界を越えた幅広い視点から歴史を見ることをめざします。

歴史ミュージアムコース

過去を現代に伝える書物、仏像、石碑や絵画などのさまざまな文化財。私たちはそれらを学ぶことで、より詳細に歴史を見つめることができます。本コースでは文化財を調査・展示する実習を通して歴史を研究できるほか、博物館学芸員となる上で必要な能力を養なうことができます。

京都探究コース(2018年4月新設(予定))

史跡や文化財の宝庫である千年の都・京都で学べる強みを活かし、祇園祭や葵祭などの年中行事、平安京や二条城などの史跡を実際に訪れ、見て、聞いて、体験することで歴史を学びます。さらに新たな文化や伝統を創造し、世界に発信する力も養います。

70名

文学研究と表現実践を通して、社会にも自分にも役立つ教養と見識を習得。 言語による表現文化の精華である文学の研究を通して、社会に貢献できる教養と見識を身につけ、社会と自律的に関わることのできる人物を育成します。日本と中国を中心とする文学作品を扱い、読解と分析に必要な理論や技術を習得します。人間にとっての文学の意義と醍醐味を追究し、研究の成果を論文化・作品化する表現技能も養います。

日本文学コース(2018年4月新設(予定))

古代から近現代にわたる日本の言語と文学、およびその形成に影響を与えた中国の言語と文学について研究します。作品を構成する言葉の細部まで厳密に解釈・分析し、登場人物の言動や心情と作者の思想との関係を探索しつつ、作品世界の核心に迫ります。

現代文芸コース(2018年4月新設(予定))

さまざまな文学作品にふれることによって自らの知性と感性のレベルアップを図るとともに、それらを活用して言語によるさまざまな表現を実践する力を養成します。文学からの摂取と文学創出の体験を通して、広い視野と深い知見をもった豊かな人間性を培います。

90名

グローカルな視点で世界を読み解き、多文化社会をともに生きる力を伸ばす。 グローバルな世界とローカルな地域社会を結びつける「グローカル」な視点に立ち、異文化という鏡で自文化を見直しながら、多様な文化の豊かさを人生の豊かさにつなげる方法を探究します。英米、西欧、東アジアの文化や社会を深く理解し、欧米とアジアから日本を、日本からアジアと欧米を見る複眼的学びを通して、幅広く柔軟な思考力と国際コミュニケーション力を養います。

英語コミュニケーションコース(2018年4月新設(予定))

英語力強化カリキュラムを組み、英語集中プログラム、英語キャンプ、約1カ月の海外英語研修(カナダを予定)を必修とします。英語を通じて世界各地の文化・社会について学ぶことにより、グローカルな思考力を養うと同時に、京都をフィールドとする実践型学びも展開。キャリア教育との連携により、国際的な視野で社会貢献できる人物を育成します。

欧米文化コース

英米やフランス、ドイツに関する文献・資料の精読と分析を通して、グローバル化の本質を理解するとともに、国際コミュニケーション力の基盤となる論理的思考力と表現力を鍛えます。インターネットを活用した外国語での情報の収集、分析、発信などにも取り組みます。

アジア文化コース(2018年4月新設(予定))

中国文化と韓国・朝鮮文化は単に中国と朝鮮半島にとどまるものではありません。華人社会やコリアンタウンは日本を含む世界中に広がっており、ダイナミックな人の移動によっても文化は変容しています。アジアに学ぶことで、躍動する現代社会を生きていく上で必要な視角を養います。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop