大阪樟蔭女子大学
大学大阪府
大阪樟蔭女子大学

〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26

パンフ追加

気になるリストに追加

大阪樟蔭女子大学の資料をすぐにもらう

基本情報

大阪樟蔭女子大学

  • 社会人入学
  • 留学制度
  • 奨学金制度充実
  • 実習が充実
  • 設備充実
  • 資格充実
  • 施設充実
  • 女性のみ
  • 就職に強い
  • 講師充実
  • 少人数制
  • 好立地
  • AO入試
  • 環境が良い
  • 指定校推薦
  • 自己推薦入試
  • 駅から近い

学生たちの「学ぶ」よろこび、「成長」するよろこびを応援する大学、大阪樟蔭女子大学です。
本学には、「成長」を実感できる環境があります。




■資格・就職に強いのにはワケがある!
授業外の対策講座はもちろん、本学オリジナルの確認テストや補習、個別面談など、教員が一丸となって徹底したフォローを行ないます。
・「管理栄養士」合格率 3年連続100%!西日本の大学では本学のみ!
(2014-16年)【健康栄養学科】
・「小学校/幼稚園教諭・保育士 3資格」希望者同時取得率100%!
(96名取得(150名定員):2016年3月卒業生)【児童学科】
・「就職決定率」 6年連続100%!
(630名:2011−16年3月卒業生)【児童学科】
・「精神保健福祉士」合格者数 4年連続 全国女子大でNo.1!
(55名:通信制大学除く:2013-16年3月卒業生実績)【心理学科】
・「就職決定率」97.1%
(就職決定者472名/就職希望者486名:2016年卒業生)【全学科】

■「学生活動プロジェクト」で更なる成長!
商品開発プロジェクトや地域と連携したイベント企画・運営などのプロジェクトが大変豊富な大阪樟蔭。
住宅から雑貨、お菓子などの「商品開発」から、地域の「子育て支援イベント」など、学生の枠を超えた活動を通して大きな「成長」を可能にします。

■商品開発の現場に挑戦!「学生提案型インターンシップ」
学生から企業に向けて提案を行う「学生提案型」など、単なる就業体験にとどまらず、「働く」ことを通して社会で必要な力や意欲を高める、オリジナルのプログラムを実施しています。
「学生提案型」では、学生が半年間かけて企画・提案からプレゼンテーションまで行い、女性の視点を活かした企画で、これまでもスイーツや小物などたくさんの提案が商品化されました。
この経験を通して学生たちは、あらゆる視点から物事を見る必要性や、プロジェクトを進行させる大変さを学んでいます。


大阪樟蔭女子大学 (大学)

〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26

お知らせ

2017年度 入試対策講座
推薦入試: 9月24日(日) 12:30~17:00 
一般入試: 12月17日(日) 12:30~17:00

詳しくはこちら⇒www.shingakunavi.ne.jp...

学部・学科・コース・専攻

アクセス(地図・住所・所在地)

小阪キャンパス 〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26★なんばから、最速で12分!
近鉄奈良線「河内小阪」駅下車、徒歩すぐ
JRおおさか東線「JR河内永和」駅下車、徒歩すぐ
大阪樟蔭女子大学アクセス-地図-住所(小阪キャンパス) アクセス(地図・住所・行き方・場所)

就職・進路

<2016年卒業生 就職実績>
・就職決定率 97.1% (就職決定者 472名 / 就職希望者 486名)
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社、大和ハウス工業株式会社、日本生命保険相互会社、野村證券株式会社、株式会社ユー・エス・ジェイ、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社おやつカンパニー、ベイクルーズグループ、資生堂ジャパン株式会社、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ、法務省 他

・【学芸学部】就職決定率 95.6% (就職決定者 221名 / 就職希望者 231名)

学費について

■入学手続きに必要な納付金
<全学部・学科・専攻(コース)>
入学手続時納付金合計:302,650円
[内訳-入学金:280,000円+一部諸費(大学生協出資金:20,000円+学生教育研究災害障害保険料:2,650円)]

■入学後に必要な納付金(入学金と一部諸費含む)
<国文学科・国際英語学科>
1年次納付金合計 1,440,650円
<心理学科・児童学科>
1年次納付金合計 1,480,650円
<健康栄養学科(食物栄養専攻)・ライフプランニング学科・化粧ファッション学科>
1年次納付金合計 1,500,650円
<健康栄養学科(管理栄養士専攻)>
1年次納付金合計 1,610,650円

★全国の私立大学で初!授業料の納入が入学後の5月払い!
本学では、入学金と一部諸費のみで入学手続きが可能。授業料等は5月払いとなるため、日本学生支援機構などの奨学金の貸与後に納入できます。

■納付金返還制度(入学金を除く諸費の返還について)
入学手続き完了後、何らかの理由で入学を取りやめた方を対象に、入学金以外の納付金(一部諸費)を返還する「納付金(一部諸費)返還制度」を設けています。なお、この制度は、AO入試、推薦入試A・B〔専願〕には適用されませんので、ご注意ください。(詳しくは「平成28年度入学試験要項」で必ず確認してください)

海外研修プログラム

アダム・ミツキェヴィチ大学

真の国際人を育成のため、数々の海外研修プログラム、また外国人留学生の受け入れプログラムを実施しています。いつの日か『世界』という舞台で、自分が自分らしく輝ける場所を見つけ出せるよう、若い感性で異文化に触れる体験は、きっとあなたの視野を大きく広げてくれるはずです。また、留学するにあたっての奨学金制度も設けています。

くすのき地域協創センター“イキ×ラボ”

イキ×ラボ ロゴ

“イキ×ラボ”とは「くすのき地域協創センター」の愛称(イキイキ×ラボラトリー)です。「可能性はムゲンダイ!」を信じて、学生たちは地域が抱える「課題」の解決や、「地域活性化」を目指し、これらの自分たちの「やりたいコト」を通じて、大学と学生と地域・行政・企業と連携しながら貢献活動を進めています。

ヤングアメリカンズ共済事業

ヤングアメリカン共済事業

ヤングアメリカンズとは、若者の素晴らしさを音楽を通して社会に訴えたいと、1962年に設立されたアメリカ・カリフォルニア州に本拠地をおく非営利活動団体です。この団体は、音楽公演と教育を中心とした活動を行っており、中でも教育活動は、90年代初頭米国で教育予算削減の影響で芸術関係の授業が削られる中、学校に赴いて子どもたちと一つのショーを完成させるというユニークな活動を行ったのがきっかけで、今日まで続いています。毎年100名以上が入団し、寮による団体生活を行ないながら、歌・ダンスはもちろん、心理学や教育に関わるプログラムを学び、実習を経たのち、世界各国のこどもたちに、音楽やダンスなどを通して、大きな感動を呼び起こしています。

大阪樟蔭女子大学ヤングアメリカンズ教育プログラムは、歌やダダンスを教えるというより、レッスンやショーの舞台に立つことを通して、子どもたちに自分の可能性を気づかせることを主題においています。また、子どもたちとのふれあいを通して、“自分も変わる”という体験をすることによって、人間の成長と可能性を学びます。

英語を楽しむ!実感する!スペース

English Language Teaching Center

英語のスキルアップはもちろん、異文化に対する理解を深めるため「English Language Teaching Center(英語教育センター)を開設しています。月~金曜日の開室時間はいつでもネイティブ・スタッフが常駐し、自主学習用に個人ブースを設けており、オーディオ機器や電子辞書の貸し出しも行っています。豊富な種類の英語学習教材はもちろん、英語圏で発行された新聞や人気書、日本マンガの翻訳版まで取り揃えています。海外研修の事前学習や留学に関する相談、検定試験対策の情報交換や模擬面接、学習アドバイスなど、一人ひとりに合わせたサポートが受けられます。ネイティブ・スピーカーとのフリートークや、ハロウィンパーティーなどの異文化プチ体験、さまざまな国のゲスト・スピーカーに自国を紹介してもらうイベントなど、留学生をはじめネイティブ・スピーカーと一緒になって企画・準備を行うこともあります。

部活・サークル

■クラブ・同好会活動
入学後はクラブ・同好会に積極的に活動に参加されることをお勧めします。共通の興味や目的を持つ仲間の中で、すばらしい人間関係が形成されることでしょう。また、活動の運営は学友会役員を中心に、全て学生の自主性に任されていますので、社会生活で必要な主体性や協調性などを培うことができます。

<クラブ活動(体育系)>
ソフトテニス部・バドミントン部・バスケットボール部・卓球部・ダンス部・フットサルサークル(Chino)

<クラブ活動(文化系)>
書道部・写真部・マンドリンクラブ・ホステリング部・箏曲部・フォークソング部・軽音楽部・食文化クラブ・イラスト部・コンピューター部・被服造形部・造形美術部 ・文芸部・美粧部・吹奏楽部・演劇部 ・古典部・学習サポート部・ボランティア部・C.O.C部・茶道部・天文部・陶芸部

<クラブ活動(同好会)>
ame・Lee&Lee・新体操同好会・剣道同好会・グローバルネットワーク同好会

寮・下宿

■下宿について
大阪樟蔭女子大学では、『株式会社学生情報センター』が学生の皆さんに安心してより良いお部屋探しができるように、仲介不動産会社の協力を得て、下宿・マンションの紹介を行なっています。

※下宿を探す場合の注意
入居シーズンに大学の校門や駅付近でおとり広告(実際にはその業者が取り扱っていない物件の広告)を掲載した「学生向け賃貸マンション等のパンフレット」が多数配布され、トラブルが発生しています。こうしたトラブル防止の観点から路上で配布しているパンフレット等を利用しての住居探しはお勧めしません。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop