天理大学
大学奈良県
天理大学

〒632-8510 奈良県天理市杣之内町1050

パンフ追加

気になるリストに追加

天理大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

天理大学

飯降政彦

飯降政彦
天理大学学長

天理大学は大正14年(1925年)、私立で日本最初の外国語学校として誕生しました。当時としては異例ともいうべき男女共学制を採用、また東洋各国の言語を優先し、他校には例のない朝鮮語部を設けるなど、独自の教育理念を徹底しました。

 昭和24年、戦後の学制改革で天理大学となった後も、実践で生かせる会話力を磨くため、わが国最初のLL教室を生み出し、現在に引き継がれる最新の語学習得メソッドとして学外からも高く評価されてきました。国際学部を中心に全学の深い国際交流・文化理解を目指し、海外協定校やパリとニューヨークの分校を活用しながら留学制度や海外インターンシップ制度を拡充しています。また、体育学部生を中心に、各種スポーツの振興を通して国際交流が推進され、国際的な舞台で活躍する数多くの選手を輩出。加えて、天理教の教理の掘り下げをベースに、宗教的視座からの人間探求を通して人間のあり方や一人ひとりの生き方を見つめる人間学部と、歴史や伝統が息づく大和の地の利を生かす文学部を備え、さらに現代社会の要請に応えるべく、臨床心理士の養成を目的に大学院修士課程も開設しています。
 2015年4月には国際学部外国語学科に「スペイン語・ブラジルポルトガル語専攻」、大学院修士課程「体育学研究科体育学専攻」を新設いたしました。

 このように開学より90有余年、つねに時代に先駆けて社会をリードしてきた天理大学の歴史には、建学の精神に謳われる陽気ぐらし世界建設に寄与する人材を養成するという目標が貫かれてきました。

 また、本学は歴史的・文化的遺産を大いに受け継ぎ、また自然にも恵まれた大和に位置し、世界的に有名な図書館と参考館を附属施設としていることも、本学の大きな特徴です。さらに、天理教教会本部の神殿に象徴される宗教的雰囲気に包まれた心落ち着く場所、心温まる場所であり、本学で学ぶ学生が、建学の精神に基づく3つの柱「宗教性」「国際性」「貢献性」を身に付けていくうえに格好の環境にあります。

 絶えず変化していく社会環境の中においても、多様なニーズに応え、社会のさまざまな分野で宗教性と国際性を兼備する有為な人材を輩出するために、「道は世界へ」をキーワードに、天理大学はさらなる発展を目指します。

天理大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop