岐阜女子大学
大学岐阜県

〒501-2592 岐阜県岐阜市太郎丸80

パンフ追加

気になるリストに追加

岐阜女子大学の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

岐阜女子大学

文化創造学科【文化創造学専攻/書道・国語専修、観光専修、アーカイブ専修】

文化創造学科【文化創造学専攻/書道・国語専修、観光専修、アーカイブ専修】

60名

4年 文化創造学専攻
・書道・国語専修(書道教育コース、国語教育コース)
・観光専修(観光ビジネスコース、ホテルマネージメントコース、英語教育コース)
・アーカイブ専修(デジタルアーキビストコース、図書館司書コース、博物館学芸員コース)

 文化創造学専攻は、書道・国語専修、観光専修、アーカイブ専修の3つの分野にわかれ、専門的かつ即戦力を持つ人材を育成します。
 書道・国語専修では、書道や日本語の専門的なスキルと感性を高め、高等学校教諭一種免許状(書道)や中・高等学校教諭一種免許状(国語)の教員免許の取得をめざします。
 観光専修では、観光・ホテル業界で力を発揮したい人や、英語のコミュニケーション能力を高め、観光や教育の分野へ進みたい人など、観光や英語のフィールドで活躍できるエキスパートをめざします。
 歴史や文化資料をデジタル化して管理・保存するデジタルアーカイブ。アーカイブ専修では、デジタルアーキビスト、図書館司書、博物館学芸員、高等学校教諭一種免許状(情報)などの資格を組み合わせて取得し、現代社会に欠かせない情報化のプロをめざします。

ここがポイント

<書道・国語専修>
【書道教育コース】
 書道・書写教育できる教員を養成。書道の書体・表現方法、書写指導を学び、文字・篆刻(てんこく)・水墨画など書道の全分野の専門技術を修得。文化創造学部の「主専門・副専門システム」を利用することで、複数教員免許取得を目指すことができるため、書道の高等学校教員免許だけでなく、幼稚園・小学校・中学校でも書道・書写教育できる教員を養成します。
【国語教育コース】
 国語の中学校・高等学校教員や、外国人に日本語を教える日本語教員をめざします。現代文学から古典、漢文まで、幅広く学び、日本語の音、文字、文法などについて高度な知識を身につけるとともに、日本語によって表された文学等についても理解を深めます。また、話す力、書く力等の日本語の表現能力も高めます。

<観光専修>
【観光ビジネスコース】
 観光業界で活躍をするため、旅行業務管理者(総合・国内)の資格取得をめざします。世界遺産・テーマパークでの実習や、町おこし活動に携わりながら、ツーリズムの企画・提案ができる人材を育成。また授業と実習を通して、将来、観光地で活躍できる技能を身につけます。
【ホテルマネージメントコース】
 ホテルマネジメントの授業やホテルでの実習を通して、将来ホテルマンとして活躍できる技能やホスピタリティを身につけます。ホテル業務に必要な「ホテルビジネス検定」や「フード&テーブルコーディネーター」の資格取得をめざします。
【英語教育コース】
 英語でのコミュニケーション能力を高め、将来は英語を活かして活躍できる人材を育成。中学校・高等学校の英語の教員をめざします。主専門・副専門システムを利用して、幼稚園教諭や小学校教諭の免許も併せて取得することができます。

<アーカイブ専修>
【デジタルアーキビストコース】
 さまざまな分野で重視されるデジタル・アーキビストを養成。歴史や文化資料をデジタル化して管理・保存するデジタルアーカイブ。著作権処理や、ビデオやホームページの作り方など、デジタル情報の蓄積から発信方法までを学び、文化情報管理のプロを育成します。
【図書館司書コース】
 電子書籍や電子図書館に対応できる図書館司書をめざします。本の探し方や本の管理、図書館運営の方法などを学び、さらにデジタル化された書籍の収集や提供ができる新時代の司書を養成します。
【博物館学芸員コース】
 展示・保存・経営・教育普及に熟知した博物館学芸員を養成。地域の文化財など、大切な宝物の保存の仕方や、展示の企画、博物館運営の方法などを勉強し、さらにデジタル資料も扱える博物館学芸員を養成します。

学費について

初年度納入金額 136万円

(入学金34万円 授業料71万円 施設設備費25万円 実験実習費3万円 保護者会会費3万円)

就職・進路

【文化創造学部の平成28年3月卒業予定者内定】
小学校教諭(岐阜県、静岡県、長野県、横浜市、浜松市)、保育士・幼稚園教諭(岐阜市、彦根市、金沢市、南砺市、伊東市、原村)、越前自立支援協会児童養護施設一陽、 総純寺学園清流みずほ幼稚園、本郷学園山手幼稚園、チロ、加賀屋、名鉄インプレス、シャンソン化粧品、NTTデータジェトロニクス、北陸銀行、八幡信用金庫、おりべネットワーク、福田刃物工業 ほか

学べる学問

外国文学日本文学観光学情報学図書館情報学メディア学国際関係学外国語学芸術

【書道・国語専修】中国美術学院教授による授業

「書」の分野で世界的レベルにある「中国美術学院」と、日本で唯一姉妹提携をしています。毎年書法系の教授を招き、篆刻や水墨画の授業を展開。また中国研修旅行を隔年で行い、希望者に対しては半年間の留学(2年次後期)も実施していますが、複数の教員免許等を取得し4年間で卒業できることが特徴です。

【観光専修】観光を通じて地域おこしを提案する

各観光資源地の支援により岐阜県内外に観光学習の拠点を設け、地産品の商品化やアーカイブ、伝統文化の理解など実践を伴う多彩な学修を行っています。町おこしのための地元食材を生かした名物弁当の開発、イベント列車の企画や、地元の人たちと協力して新しい街づくりを提案するなど、様々な体験を重ね、新たな能力を身につけます。

【アーカイブ専修】これからの図書館司書に必要な能力を養成

これからの図書館司書には、収蔵している書籍のデジタル化を計画できる、最初からデジタルで作成される資料を収集できる、デジタル化された書籍を利用者に提供できる、地域の図書館から地域の情報をデジタル配信できる、などデジタルアーカイブ能力を持った図書館司書が求められています。電子書籍や電子図書館に対応できる図書館司書をめざします。

主専門・副専門システムを利用する

文化創造学部では、5専修のうちの1専修を「主専門」に選んだ後、興味深い科目がある他専修を「副専門」として組み合わせて学べます。副専門の科目は主専門と並行して自由に履修可能。学びが楽しくなることはもちろん、主専門とは別に自分らしい強みや資格を得ることで付加価値が生まれ、就職の幅が広がります。
岐阜女子大学の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop