崇城大学
大学熊本県

〒860-0082 熊本県熊本市西区池田4-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

崇城大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

崇城大学

岩切 弘輝 評判・口コミ

岩切 弘輝

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

崇城大学 応用化学科(現:ナノサイエンス学科)
2007年
株式会社 エーピーアイ コーポレーション

原薬とは、医薬品のモトになる有効成分のこと。鎮痛剤や向精神薬をはじめ、あらゆる分野の医薬品に使われる当社の原薬は、最終的には世界数百万人単位の患者さんに届けられているとか。自分が開発・製造に関わった医薬品が世界中の人々の健康を支える。大きな手ごたえを感じますね。これほど大量の薬をつくる生産ラインには、5000リットル級の反応機など、大学の実験室にあるガラス器具の数百倍、数千倍スケールの大型機器がズラリと並びます。そのような大型機器で原薬を合成すると、実験室とはまた違った挙動になります。そこで安定生産を行うために反応・処理条件の最適化を行うほか、不具合の原因究明を図るのもプロセス開発の役割。ラボでの再現実験をはじめ、部門を超えた調査や協力体制が必要ですが、この点では大学時代、空手道部で鍛えたコミュニケーション能力も役立っています。

崇城大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop