川崎医療福祉大学
大学岡山県
川崎医療福祉大学

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288

パンフ追加

気になるリストに追加

川崎医療福祉大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

川崎医療福祉大学

根津 俊大 評判・口コミ

根津 俊大

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床栄養学科
2007年度
東海大学医学部付属病院 診療技術部 栄養科

勤務先と仕事内容について教えてください

私が働いているのは、神奈川県伊勢原市にある東海大学医学部付属病院の栄養科です。

病院の管理栄養士の仕事は、大きく分けて供食管理と臨床栄養の二つに分かれます。供食管理は、病院で提供されている食事の管理、厨房内や調理従事者の衛生管理、患者さんの病気に合わせた献立の作成などを行っています。臨床栄養は、実際に患者さんに対して、検査の数値や病状に応じて、栄養状態を把握して栄養指導や食事のサポートを行っています。患者さんは、人それぞれ様々な病気を抱えているので、一人ひとりに対して栄養アセスメントをして、適正な栄養補給と最良な食事や指導を提供することができるように日々努力しています。

仕事のやりがいをどのようなときに感じますか?

入院されている患者さんの中には、高齢者の方や病気の影響などから、なかなか食事が進まず病気からの回復が遅い患者さんも少なくありません。しかし、患者さんと直接話しをして食べ物の好みや食べられそうな食べ物などを聞き取り、患者さんに合わせた食事を提供し、患者さんが少しずつ食事を食べられるようになり「今日の食事おいしかったよ」と笑顔で言われたときや栄養状態が改善されたときなど、栄養が治療の根幹であることを再認識したときに管理栄養士としてのやりがいを感じます。

仕事をするにあたって一番大切にしていることは何ですか?

私は患者さんに対して、常に笑顔で大きな声で接するように心がけています。栄養指導や患者さんへ聞き取りは、いかに本人が伝えたいことを話しやすくするかで、その後の指導や食事のサポートに違いが出てきます。笑顔が多いと患者さんに安心感を与えることができます。また、他職種の人たちとうまくコミュニケーションをとることで、患者さんに対して、さらなるサポートができます。そのためにも患者さんや他職種の人たちから信頼されることが大切であると考えます。

学生時代に身に付けた知識や技術、経験の中で、仕事に生かされていることを教えてください

私は大学院修士課程において計画的に物事を考える力を養いました。大学院では研究を行っていく上で、まずは目的を明確に決めて、それに達成するためにはどのような方法を用いて実験を行っていくのかを学びました。実験は失敗することが数多くありますが、そのときに「なぜこのような結果になったのか」ということを論理的に考え、次の実験に生かしていき、修士論文を書くことができました。大学院での経験を生かして、常に目標を持ち、その目標を達成するためには何をしなければならないのかを考えて、行動するように心がけています。

今後の目標(夢)を教えてください

私はまだ新人1年目の管理栄養士です。就職して資格を取るまでが勉強ではなく、働き始めてからが本当の勉強であることを日々感じながら、働いています。まだまだ勉強不足で、学ぶべきことが山積みですが、早く必要な知識と技能を身につけて、一人でも多くの患者さんを笑顔にさせることができるように頑張っていきます。そして、最終的には『食』を通じて、日本中の人たちを笑顔にすることが私の夢です。

最後に、後輩たちへ熱いメッセージをお願いします

大学4年間は、あっという間に終わってしまいます。ですが、自由に使える時間が多くあります。

勉強を真面目にするのは当然ですが、それだけでは足りないと思います。勉強以外に、部活、バイト、遊び、趣味、恋愛などの自分の興味があることを真剣に行って、魂が揺さぶられるような経験をたくさんしてください。あとは、いろんな人と出会って、素敵な仲間を作ってください。

学生時代の経験が社会人となってから、多いに役立つと思いますので、何事も一生懸命に行ってください。皆さんのご活躍を楽しみにしています。

川崎医療福祉大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop