川崎医療福祉大学
大学岡山県
川崎医療福祉大学

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288

パンフ追加

気になるリストに追加

川崎医療福祉大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

川崎医療福祉大学

西川 藍 評判・口コミ

西川 藍

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

川崎医療福祉大学 医療技術学部 リハビリテーション学科 理学療法専攻
2005年度
財団法人 倉敷中央病院

勤務先と仕事内容について教えてください

私は財団法人倉敷中央病院リハビリテーションセンターに勤務しています。当院は1151床を有する急性期病院です。平均在院日数12.3日と短い中で急性期リハビリテーションの中の理学療法・作業療法・言語聴覚療法を担当する療法士が当リハビリテーションセンターには所属しています。患者さんを科別に担当するシステムとなっており、脳外科脳卒中科・整形外科・内科神経内科・外科・小児科と分かれています。

その中で私は脳外科脳卒中科に所属しており、脳外科の手術直後の患者さんや脳卒中発症直後の患者さんの理学療法を行なっています。手術や発症直後の意識がはっきりしない状態であったり、少しずつ活動を行なっていく必要があったりするときに、血圧や脈拍、身体状況を把握しながら必要な運動を実施していきます。

仕事のやりがいをどのようなときに感じますか?

私が担当する患者さんの多くは突然手足が動かなくなったり、今までできていたことができなくなったりしてしまった方が多くいらっしゃいます。その方々が麻痺の回復や運動、動作の手順の学習によって動作がまたできるようになっていきます。その動作ができるようになった瞬間の笑顔を見ることができた時に一番やりがいを感じます。

他にも作業療法士・言語聴覚士・看護師・医師など他の専門職の方と、治療方法やどうすれば患者さんの生活がより送りやすいようになるか話合い、その決定したことを実践していく中で患者さんが少しずつ動くことができるようになったり、安全に行動ができるようになったりすると職種の枠を超えてみんなで喜び合い笑顔になれる瞬間が私は大好きです。

仕事をするにあたって一番大切にしていることは何ですか?

「自分と目の前の人が心から一緒に笑うことができること」です。

私たち理学療法士が患者さんの治療にあたる際、時には患者さんにとって少ししんどいことを提供しなければならないこともあります。そんな時、患者さんに今から行なうことの必要性を理解していただき、「やろう」という気持ちになっていただけるよう説明を行うようにしています。納得した上で運動や練習を行なうことで、患者さんもたくさんの笑顔を見せてくださっているように思います。そして自分が心からの笑顔でいるために自分の知識や技術に自信がもてるよう意識しています。

まだまだ勉強不足ではありますが、目の前の人に今できることをやりきり、知識や技術を高めていくことを大切にしています。

学生時代に身に付けた知識や技術、経験の中で、仕事に生かされていることを教えてください

解剖学、生理学、病理学といった基礎医学の知識はとても役に立っています。理学療法技術を勉強する際や患者さんの病態を把握する際に基礎医学の知識があることで、技術の応用ができるようになったり、患者さんの病態の変化に対しどのように対処すればよいかの予測が自然とできるようになったりしたと思います。

また、サークルやアルバイト・ボランティアなどを通じて他の職種の方と話をすることで世界が広がります。その経験は今、いろんな患者さんと接するうえでとても役立っています。また他の医療職の友人がいることも働きだして心強いなと思います。今でも時々相談のメールをしたりします。

今後の目標(夢)を教えてください

目の前の人と心からの笑顔でいられる理学療法士であることです。

結婚をして母親になっても楽しみながら好きな仕事として理学療法士を続けていきたいと思っています。その将来のために今は急性期でいろんな患者さんと出会い知識と技術を高めたいと思っています。将来は障がい予防や在宅での仕事がしたいと考えていて、朝、家族を見送った後に地域の患者さんの家を回り、夕方には家に帰って自分の家で採れた野菜でご飯を作って家族で夕ご飯を食べる生活で夢です。

子供から高齢者の方まで地域の方が夢を形にするお手伝いを理学療法士としてできれば最高に幸せです。

最後に、後輩たちへ熱いメッセージをお願いします

あなたの夢はなんですか?どんな理学療法士になりたいですか?目の前には広い広い可能性が広がっています。たくさんのことを経験して素敵な理学療法士に一緒になりましょう。よく学びよく遊んでくださいね。

川崎医療福祉大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop