広島経済大学
大学広島県

〒731-0192 広島県広島市安佐南区祇園5-37-1

パンフ追加

気になるリストに追加

広島経済大学の資料をすぐにもらう

基本情報

広島経済大学

「ゼロから立ち上げる」
興動人(こうどうじん)を育成します。

「ゼロから立ち上げる」興動人(こうどうじん)とは、「既成概念にとらわれない斬新な発想と旺盛なチャレンジ精神、そして仲間と協働して何かを成し遂げることのできる力を備えた人材」のことです。このような、社会が求める人材を育成するために、人間力を鍛え、専門知識を学び、自己表現力も身につける、独自の教育プログラムを用意しています。


広島経済大学 (大学)

〒731-0192 広島県広島市安佐南区祇園5-37-1

お知らせ

スポーツによる地域活性化プロジェクトが第2回FLPカップを開催しました。
10月23日(日)広島経済大学フットボールパークにおいて、スポーツによる地域活性化プロジェクト(FLP)が「第2回FLPカップ」を開催しました。
このイベントは、普段試合に出場する機会の少ない小学3年生以下の地域の小学生を対象に、人工芝の整った環境の中での試合を通じて、地域の交流を深めながらスポーツの楽しさを感じてもらうことを目的として実施しました。
当日は、近隣の6つの小学校のサッカークラブから90人が参加し、3年生の部5チーム、1・2年生の部6チームに分かれ、優勝を争いました。
参加者からは「グラウンドがきれいで思い切りプレーできた」「たくさん試合ができて楽しかった」などの声があり、練習の成果を発揮し、楽しんでいただくことができました。今回のイベントを中心となって企画した北村 拓也さん(スポーツ経営学科2年)は「新しく企画した子ども達とプロジェクト学生とのオリエンテーションも好評で、イベントを通して子ども達の笑顔がとても印象的でした。新たな改善点もあったので、来年もより子ども達に楽しんでもらえる内容を企画したいと思います」と話してくれました。
今後もスポーツによる地域活性化プロジェクトの活動にご期待ください。

学部・学科・コース・専攻

アクセス(地図・住所・所在地)

〒731-0192 広島県広島市安佐南区祇園5-37-1広島駅からJR可部線「下祇園」駅下車。
下祇園駅からスクールバスで約5分。
広島経済大学アクセス-地図-住所 アクセス(地図・住所・行き方・場所)

各種制度

石田学園学業奨学金/石田学園アクティブ奨学金/日本学生支援機構奨学金/地方公共団体奨学金/資格・能力等表彰制度

就職・進路

中学校教諭ホテル/旅館税理士農業/農家社会保険労務士スポーツインストラクタースポーツリハビリトレーナースポーツカメラマンスポーツトレーナースポーツプロモータースポーツ雑誌記者/スポーツ雑誌編集者スポーツ審判員スイミングインストラクター

学べる学問

経済学経営学商学スポーツ学情報学マスコミ学メディア学

目標とする資格

社会保険労務士<国>税理士<国>ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー【MOT】マイクロソフト オフィス スペシャリスト【MOS】

取得可能な資格

高等学校教諭免許状<国>中学校教諭免許状<国>

【興動館プロジェクト】

~「ゼロから立ち上げる」興動人~
■興動館教育プログラム
(1)人間力を育成する4つの科目群
「興動館科目」では、少人数制のもと教員と学生がプレゼンテーションや実習で共に学び、経験しながら、これからの社会で求められている「元気力」「企画力」「行動力」「共生力」の4 つの力をバランスよく身に付け、ゼロから物事を創造できる人間力を磨いていきます。
(2)プロジェクトの実践
「興動館プロジェクト」では「興動館科目」で学んだことを実際に行動し、自らの成長につなげていきます。また学生が企画・立案したプロジェクトにはある条件をクリアすれば最高1,000万円の資金を大学が支援します。さらに、興動館という専用の施設では専門のコーディネーターが常駐しているほか、チームごとにプロジェクトブースを設けることができます。スケールの大きなプロジェクトにチャレンジしてください。
(3)プロジェクトの成果
このプログラムを体験していく中で得られる知識や発見は、どんな課題でも自力で解決できる勇気と自信を培ってくれます。やがては、社会に出たときの大きな自信と実力となっていくはず。新しい時代を興し、世界を動かす「ゼロから立ち上げる興動人」の育成。これが本プロジェクトの目的です。

■インドネシア国際貢献プロジェクト
インドネシアとの交流を主な目的としたプロジェクトです。「スポーツ・文化交流」「教育活動」「ビジネス活動」をコンセプトに国内外で活動しています。ジョグジャカルタを訪問した際には、オリジナルの日本語教材を作成し、現地の子どもたちに日本語を教えました。日本国内では地域のイベントなどで活動内容を紹介するほか、インドネシアで発注したオリジナル商品を販売。得られた利益はプロジェクト活動に還元しています。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop