日本大学(資料有料校)
大学東京都

〒102-8275 東京都千代田区九段南4-8-24

パンフ追加

気になるリストに追加

日本大学(資料有料校)の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

日本大学(資料有料校)

歯学部
128名(2016年度参考)

歯学部は、歯科医師国家試験で毎年安定した合格率を誇り、特に最低修業年限での合格率は私立大学の中でも高い数字となっています。歯学界でリーダーシップをとることができる優れた歯科知識と技術、人間性を備えた歯科医師の養成を目指し、「テュートリアル形式の教育」など、学生の主体性や課題探求能力(自己学習能力)を高める教育を展開しています。また、歯科医師国家試験の合格という高い目標に向かう学生を全力でバックアップするため、大学院生のティーチング・アシスタントによるサポート体制を敷き、各学年に複数のクラス担任を設けるなど、クラス全体の学習状況と学生生活を把握するように努めています。さらに、「学生カルテ」を導入し、学生一人ひとりに個別指導しているほか、学生相談室や保健室、人権アドバイザーシステムを充実させ、学生の心身の健康もきめ細かく見守っています。
超高齢社会を迎えた日本において、地域における歯科医療の役割は年々増しています。広く社会や地域に貢献できる歯科医師の養成に力を入れている歯学部では、地域医療の質の向上を図ることを目的とした遠隔医療システムなど、最新の医療システムに触れられる教育環境を用意。歯学部付属歯科病院では、東京都の離島へ指導歯科医と研修歯科医のチームを派遣し、各島の医療ニーズに応じた研修も実施。こうした教育環境で学びを深めた卒業生の多くは、地域の歯科医療を支える開業医として活躍しているほか、開発途上国での保健医療活動で国際的に貢献している歯科医師もいます。
歯学部は大学院歯学研究科ならびに総合歯学研究所を擁しており、充実した教育体制と最先端の設備を備えているほか、東京・御茶ノ水の都市型キャンパスで、6年間の体系的な一貫教育を受けることができるのも特長の1つです。また、2016年に学部創設100周年を迎えるにあたり、新たなキャンパス造りに着手します。御茶ノ水の約4、800㎡の土地に、地上7階、地下2階の新校舎・新歯科病院の建設を進め、2018年に新歯科病院が、2021年に新校舎が完成する予定です。新校舎は多目的用途に対応した講義室やアクティブコモンズを有する図書館を中心に構成されており、新歯科病院は最先端の設備を整え学生の実学的な臨床教育をサポートします。

学費について

初年度納入金 6,900,000円(2016年度参考)

就職・進路

歯科医師(2015年歯科医師国家試験・新卒者合格率77.8%)

学べる学問

歯学

取得可能な資格

歯科医師<国>

学部・学科・コース・専攻

歯学科

日本大学(資料有料校)の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop