東京工科大学
大学東京都

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1

パンフ追加

気になるリストに追加

東京工科大学の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

東京工科大学

応用化学科

応用化学科

80名

化学は、様々な分野で使われる材料を設計し生み出す学問であり、新素材や高機能・高性能材料で世界の産業を支えています。
応用化学科では、有機化学、物理化学、無機化学、バイオテクノロジー、高分子化学などの化学の基幹となる分野をサステイナブル工学の観点から協調・融合させることによって、地球環境や社会に負荷を与えない新しい材料を開発し、石油に代わるエネルギーを生み出し、先進的な合成プロセスを開拓します。
これらの先進的な技術により、これからの時代を支える新しい化学を身に着け、世界の科学技術を先導する人材を育てます。

工学部「応用化学科」のご紹介

化学は、様々な分野で使われる材料を設計し生み出す学問であり、新素材や高機能・高性能材料で世界の産業を支えています。
応用化学科では、有機化学、物理化学、無機化学、バイオテクノロジー、高分子化学などの化学の基幹となる分野をサステイナブル工学の観点から協調・融合させることによって、地球環境や社会に負荷を与えない新しい材料を開発し、石油に代わるエネルギーを生み出し、先進的な合成プロセスを開拓します。
これらの先進的な技術により、これからの時代を支える新しい化学を身に着け、世界の科学技術を先導する人材を育てます。

サステイナブル工学紹介

工学部の教育の柱であるサステイナブル工学「持続可能な社会(サステイナブル社会)を実現する工学」の紹介ビデオです。

コーオプ教育紹介

平成27年度・文部科学省の大学教育再生戦略推進費 「大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択されましたコーオプ教育の紹介ビデオです。

ここがポイント

応用化学科

応用化学科の学びは、化学の基幹となる分野(有機化学、高分子化学、物理化学、無機化学、電気化学、生物化学、化学工学)を網羅し、広い知識を得ることができます。またこれらの基幹分野の知識と境界領域の研究を協奏的に融合することにより最先端の化学技術を切り拓く応用力を養います。工学部の学科と連携して世界のサステイナブル工学を先導します。

学費について

1,619,300円初年度納入金(2017年4月入学者対象)

就職・進路

化学技術者・研究者、製薬開発技術者・研究者 ほか

製薬開発技術者/製薬開発研究者化学技術者・研究者

学べる学問

化学応用化学資源工学/エネルギー工学

目標とする資格

甲種危険物取扱者、毒物劇物取扱責任者、公害防止管理者、放射線取扱責任者、高圧ガス製造保安責任者 ほか

放射線取扱主任者<国>高圧ガス製造保安責任者<国>毒物劇物取扱責任者<国>公害防止管理者<国>

東京工科大学の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop