東京工科大学
大学東京都

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1

パンフ追加

気になるリストに追加

東京工科大学の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

東京工科大学

生命科学・環境コース

生命科学・環境コース

生物がもつ優れた機能を応用し、医療や環境保全に役立てるための知識と技術を学ぶコースです。生命科学分野と環境分野の2分野からなり、前者では再生医療などに用いる生体機能材料や、生体分子と計測技術を融合した病気診断用バイオセンサーなどの研究開発に取り組みます。後者では微生物を使った環境浄化や遺伝子組換え技術を活用した砂漠の緑化などの先進技術を修得します。

応用生物学部「生命科学・環境コース」のご紹介

「生命科学・環境コース」では、生物が持つ優れた機能を応用し、医療や環境保全に役立てるための知識・技術を学ぶコース。生命科学と環境の2つの分野を一緒に学ぶことができます。

応用生物学部「生命科学・環境コース」紹介 生命科学分野について

「生命科学・環境コース」の「生命科学分野」について、分野の概要や、4年間どのようなことを学ぶのかを実際に学科で学んだ学生がご紹介します。

応用生物学部「生命科学・環境コース」紹介 環境分野について

「生命科学・環境コース」の「環境分野」について、分野の概要や、4年間どのようなことを学ぶのかを実際に学科で学んだ学生がご紹介します。

ここがポイント

■応用生物学部の特長
~多様な領域を学べるコース制により、専門性を磨きつつ、基礎知識を深めます。~
応用生物学部では、学生の興味や適性に合わせて多様な領域を学べるコース制を導入しています。3年次に「生命科学・環境コース」「医薬品コース」「先端食品コース」「先端化粧品コース」の中から、いずれかを選択できます。各コースには、バイオテクノロジーの知識と技術を深く学び、専門性を磨くための科目や実験が用意されています。また、他コースの科目も履修でき、将来の目標に向けた基礎知識や広い視野を養うことが可能です。

■カリキュラム
1年次は、幅広い教養や社会人基礎力を養うとともに、少人数クラスを基本とする実験科目や演習科目を通して、生物や化学に関する基礎的な知識やスキルを修得します。2年次は専門基礎を磨いたうえで、学生本人の興味や適性、進みたい分野などに応じて2年次修了までに所属するコースを決定します。その後、コース別に用意された専門教育科目を履修し、3年次の夏休み前までに研究室を決定。卒業・進学に向けてそれぞれの研究を進めます。

■求める学生像
生物化学と生物工学に関する実践的な専門知識や技術の習得に強い興味を抱き、何事にも積極的な姿勢を持って、これからの社会に貢献していきたいという明確な意志のある人材を求めています。

■「生命科学・環境コース」の2分野について
[生命科学分野]
生命がもつ極めて精緻な遺伝や代謝の仕組みを理解し、これを医療や健康管理に役立てるための先進技術を学ぶ分野です。再生医療のための生体機能材料や病気診断用バイオセンサーなどに関わるバイオテクノロジーについて深く学び、これからの高齢化社会において健康な暮らしに貢献できる人材育成をめざします。

~こんな授業があります~
・遺伝子・タンパク質工学
 DNAを増やす、タンパク質を作る、遺伝子の機能を調べる、遺伝子を改変した生物を作る、という遺伝子・タンパク質工学の主要な4つの技術を学びます。さらに、これらの技術の有用性や将来性も理解します。

・細胞組織工学
 生命科学の進歩により、失った細胞や組織を再構成して、生体の機能を取り戻す技術が実現しつつあります。この講義では、その実用化のための課題や、実用化によってもたらされる恩恵などについて解説します。

・バイオセンシング
 酵素や抗体などは分子の細かい違いを見極める力をもっています。生体がもつそのような分子認識能を巧みに計測技術に利用したバイオセンシングについて、その原理や性能、さらに医療への応用例を解説します。

[環境分野]
生物の高効率・省エネルギーの機能を工学的に応用する技術であるバイオテクノロジーを活用して、環境・エネルギー問題など21世紀の重要課題の解決を考えるコースです。水や土壌の浄化、砂漠の緑化、地球温暖化の防止などの課題に取り組み、人と自然が持続的に共存できる循環型社会の構築を追究します。

~こんな授業があります~
・環境バイオテクノロジー
 土壌・大気・水の汚染などの地球規模の環境問題を国際協力を含めて理解し、それらを解決するための微生物や植物を用いたバイオテクノロジーやバイオモニタリング技術、環境浄化プロセスについて学びます。

・水環境工学
 地球上を循環し、生命をはぐくむ水について理解を深める科目です。河川や湖沼、海域の水質現象と水処理技術についても扱います。「水質関係公害防止管理者試験」の出題範囲もカバーします。

・植物細胞工学
 植物の機能を細胞・遺伝子レベルで理解し、それらの機能を向上させるために必要な生化学・遺伝子工学の知識を学びます。これらの植物バイオテクノロジーを活用した研究・実用化例についても扱います。

学費について

1,619,300円初年度納入金(2017年4月入学者対象)

就職・進路

医薬品製造・販売関連/家庭用品製造・販売関連/化学製品関連/肥料・飼料関連/農林漁業関連/資源・エネルギー関連/CRO(治験業務委託業)関連/病院・医療機関/研究機関 ほか

医学研究者製薬開発技術者/製薬開発研究者畜産研究/畜産技術者環境計量士環境コンサルタントバイオ技術者/バイオ研究者化学技術者・研究者医療情報技師臭気判定士

学べる学問

生物学生命科学環境科学

目標とする資格

■環境に関わる資格-公害防止管理者、環境計量士、臭気判定士など
 環境に関わる資格には、多くの国家資格があります。応用生物学部では、たとえば、公害防止管理者試験であれば、「水質保全学」など、資格に関連する講義を受講することができ、さらに、参考書籍などで学習を積むことにより、在学中にこれらの試験に合格する力を付けることが可能です。

■生物に関わる資格-バイオ技術者、生物分類技能検定など
 これらの資格は国家資格ではありませんが、この分野の知識を学習した証明になるものです。応用生物学部で開講する講義のうち、かなりの割合の講義がこれらの生物系の資格試験の出題範囲に含まれます。

■化学に関わる資格-危険物取扱者など
 危険物取扱者は受験者数の多い理科系の一般的な資格です。化学系の講義や実験などで自然に身につく能力に加えて、関連法規を参考書などで学習することによって、こうした化学系の一般的な資格試験に合格する力を付けることができます。

■外国語に関する資格-TOEIC、英検、TOEFLなど
 TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであり、企業・官公庁・学校等で利用されています。本学では、英語インテンシブの中で、TOEIC向けの講座を開講し、さらに、TOEICの試験を比較的安く学内で受けられる制度があります。また、応用生物学部では,卒業後に海外へ留学して高度な科学技術を身に付けようとする人も応援します。留学には、TOEFL試 験の受験が英語力の証明として必要になる場合があります。こうした外国語資格に挑戦することによって、莫大な情報が英語で流れる時代を生きる術を身につけてほしいと願っています。

実用英語技能検定TOEFL(R)TOEIC危険物取扱者<国>公害防止管理者<国>環境計量士<国>臭気判定士<国>バイオ技術者認定試験生物分類技能検定

東京工科大学の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop