東京工科大学
大学東京都

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1

パンフ追加

気になるリストに追加

東京工科大学の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

東京工科大学

視覚デザイン専攻

視覚デザイン専攻

感性とスキルを融合させた演習で身につけた基礎力をもとに、さまざまなメディアにアプローチできる視覚表現力を育成します。3年次後期からは、グラフィック・エディトリアル・Webデザイン・イラストレーション・アニメーションなどの手法と技術を学ぶ「視覚デザイン専攻」と、CM・プロモーションビデオ・Webコンテンツ・CG等の企画・提案・演出を学ぶ「映像デザイン専攻」に分かれて、人の感性に届く視覚表現を追究します。

視覚デザインコース紹介動画

視覚デザインコースは、グラフィック・コミュニケーションデザインが学べる表現系のコースです。授業風景や大型プリンターなどの設備をご覧いただけます

授業紹介:感性演習「描く」

観察力と描画力を身につける授業「感性演習Ⅰ・Ⅱ(描く)」について、担当教員の深澤健作講師より授業内容をご紹介いたします。

授業紹介:感性演習「つくる」

自らの手を動かし、考えながら造形する力を身につける授業「感性演習Ⅰ・Ⅱ(つくる)」について、担当教員の本郷信二准教授より授業内容をご紹介いたします。

ここがポイント

視覚デザイン専攻

■デザイン学部の特長
「実技または学力試験のいずれかで受験できます」
入学後は本学部独自の感性教育で、初歩から安心して実技の基礎が学べます。

「可能性が広がる、デザイン学部の学び」
感性演習とスキル演習を融合させたカリキュラムで、デザイン教育を実現。
3年次からのコース選択後、コース内の2つの専攻を学んだ上で、後期ではより専門として学ぶ専攻分野を1つ選びます。
これによりデザインに必要な技術と幅広い視野が修得できます。

■2専攻について
【視覚デザイン専攻】
グラフィックデザインを中心とした手法と技術を身につけ、広告・パッケージ・エディトリアルデザイン・イラストレーション・アニメーションなど、メディアごとの表現についても学びます。これらを通して社会とデザインの関わりについて理解を深め、コミュニケーションのためのデザインが提案できる能力を育成。さらには、時代が求めるWebデザインなどの新しいメディアのデザインを提案できる力を身につけます。

[主な専門教育科目]
・視覚デザイン専門演習Ⅱ
 この授業では、視覚デザインの問題解決力を用いて新たに世の中で物事を興すための提案力、企画力を発揮させる授業です。具体的には架空のイベントを設定し、メディアへのプロモーションや、グッズ展開など使用目的を明らかにしたデザイン提案をします。また企画説明のためのプレゼンテーションを重視し、幾度となくブラッシュアップすることで説得力を持つ提案できる力を身につけます。

・専門スキル演習/専門スキル演習「タイポグラフィA・B」
 この授業では視覚デザイン分野に関わらず、全てのデザイン分野に共通して、活字を用いる際に持ち合わせていたい、「文字記号を機能的に伝える」専門的な知識を集中的に学びます。さらに文字を認識させるための「視認性」や「可読性」というルールを理解し、活字の印象を生かしたレイアウトができるスキルを身につけます。

・広告論
 デザインを行ううえで必要とされる広告の目的、媒体の種類とその特徴を知り、広告制作について学びます。広告の基本要素としてのキャッチコピーやデザインについて具体的に考えて行くことで、クロスメディア戦略やブランドコミュニケーションについて理解を深めます。

【映像デザイン専攻】
映像は今や私たちの生活にとってなくてはならないもの。情報ツールとしての価値・可能性もますます高まってきています。映像デザイン専攻では、多彩な作品作りを行う実習を通して、幅広い映像表現の手法と技術を習得。さらに、CM・プロモーションビデオ・Webコンテンツ・CG制作の企画(絵コンテ)・提案・演出(撮影)・編集・仕上げ・発表までをトータルに学ぶことで、多岐にわたる映像メディアにアプローチできる力を身につけます。

[主な専門教育科目]
・映像デザイン専門演習Ⅱ
 個人制作を通して、目的と機能をはっきりと持った、より良いコミュニケーションを生み出すための映像について学びます。「イメージをアップする映像」「仕組み・成り立ちを表す映像」「問題を解決する映像」「教材になる映像」の4 つのテーマに沿ってアイデアを考え、実際に映像として制作します。映像によるコミュニケーションデザインの企画力と実現力を身につけます。

・専門スキル演習「3D-CGアニメーション」
 CM・プロモーションビデオ・デジタルサイネージ(デジタル技術を使ってディスプレイやプロジェクターによって映像などを表す)において、製品の特長をわかりやすくビジュアル化したり、人を惹きつける映像をつくり出すために3D-CGは不可欠なものです。3D-CG動画の制作スキルと合わせて、映像を効果的に演出するサウンドデザインのスキルを身につけます。

・サウンドデザイン論
 現代社会では、音のデザイン(サウンドデザイン)は映像との関係において特に重要な要素となっています。他にも、ゲーム・スマートフォン・商業施設・建築・インスタレーションなど、生活の中で触れるさまざまなメディアでの広がりを見せています。本講義では、多くのサウンドデザインの活用事例を紹介し、それぞれのメディア・分野における役割と機能について学び、サウンドをデザイン制作に生かせる能力を養います。

就職・進路

【視覚デザイン専攻】
一般企業における総合職(商品開発、企画推進、広報、営業、制作、マーケティング部門など)/広告代理店/広告制作会社/出版社/デザイン事務所/印刷会社/Web制作会社/イベント企画会社におけるディレクター/コンセプトデザイナー/グラフィックデザイナー/Webデザイナー ほか

【映像デザイン専攻】
一般企業における総合職(商品開発、企画推進、広報、営業、制作、マーケティング部門など)/CM制作会社/映像制作会社/Web制作会社/CG制作会社/ポストプロダクションなどのクリエイター/エディター/アニメーター/CGデザイナー/Webデザイナー/映像ディレクター/CMプランナー/プロデューサー ほか

Webデザイナー/ウェブデザイナーCGデザイナー/CGクリエイター2Dデザイナー3DCGクリエイター映像クリエイター映像ディレクター映像プロデューサー映像編集者

学べる学問

デザイン学

目標とする資格

TOEIC(R)テスト実用英語技能検定TOEFL(R)CGクリエイター検定マルチメディア検定Webデザイナーインテリアプランナー

東京工科大学の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop