東京理科大学
大学東京都

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3

パンフ追加

気になるリストに追加

東京理科大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

東京理科大学

藤嶋 昭

藤嶋 昭
学長

東京理科大学は、明治14年(1881年)「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」との志のもとに、当時唯一の大学(東京大学)の物理学科を卒業したばかりの青年理学士ら21人によって東京物理学講習所として創立され、2年後には東京物理学校と改称、そして昭和24年の学制改革により東京理科大学となり、135年経った今日では7学部31学科を基盤とする理工系総合大学に発展してきました。
本学は、昨年開設した学園パーク型キャンパスの葛飾キャンパス、都心型キャンパスの神楽坂キャンパス、リサーチパーク型キャンパスの野田キャンパス、そして基礎工学部1年次における全寮制の北海道長万部キャンパスという4つのキャンパスを擁しています。今後もそれぞれのキャンパスの個性を活かし、更なる連携を進めていきます。本学の大学院は、11研究科31専攻があり、また国公立や民間の試験研究機関との連携大学院協カなどを行っています。
本学は、教育と研究をともに重視する教育研究機関を目指しています。教育面では、実力を備えた学生を卒業させる「実力主義」の伝統を受け継ぐとともに、研究面では、情報科学教育研究機構、総合研究機構および生命科学研究所などの整備・拡充にもたゆまぬ努カを払っています。たとえばこれらの機関の下に設置されている研究機関としては、火災科学研究センター、量子生命情報研究センター、グリーン&セーフティ研究センターなど、その数は研究部門を含めると30近い組織があります。これらの研究機関やプロジェクトは学問分野を横断的に結び、様々な科学技術の発展に貢献しています。
人間性との調和ならびに社会の諸問題を視野に捉えた科学・技術の発展こそ、建学の精神の今日的意義であることを認識し、教職員が一丸となって教育研究機関としての責務を果たすべく、努力を重ねてゆきます。

東京理科大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop