東京農業大学(オホーツクキャンパス)
大学北海道
東京農業大学(オホーツクキャンパス)

〒099-2493 北海道網走市八坂196

パンフ追加

気になるリストに追加

東京農業大学(オホーツクキャンパス)の資料をすぐにもらう

卒業生の声

東京農業大学(オホーツクキャンパス)

宮内健人 評判・口コミ

宮内健人

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東京農業大学(オホーツクキャンパス) 産業経営学科(現地域産業経営学科)
平成24年3月卒
JA千葉中央会 勤務

稲作の技術進化の過程を辿るホームページを製作

千葉県の実家は農業を営んでおり、卒業後も農業と深く関わりをもつ仕事を志望していた私は、日本農業の核である稲作をもっと深く学びたいと考え、稲作技術の進化過程をホームページにまとめる卒業研究に取り組みました。この卒業研究は論文形式ではなく、HTMLを使ったホームページ作成が目的でした。まず日本の稲作の長い歴史とその技術の進化の流れを文献や資料から調査。歴史を物語る画像や道具の写真は愛媛県の米博物館の協力を得て入手しました、また収穫量の変遷や稲作技術の年表をExcelに落とし込んでグラフ化し情報のベースとしました。データが揃った後は、HTMLを使ってコンテンツをまとめていきましたが、時間の許す限り、稲作技術の要となる田植えと稲刈りの項目の充実をめざし、人力→家畜→動力という技術発展の過程をより詳細に肉付けしました。研究の途中では始めて知る事実も多く、今後の自分に大変プラスになる研究ができました。

将来の目標など

農業は今まさに、改革の時代に差し掛かろうとしています。農家の長男としても、中央会職員としても、日本農業の復活、発展を一生をかけて推し進めていくことが目標であり、義務だと考えます。

所属する学科で印象に残ったこと

私たち生徒は、様々な土地から様々な人達が集まり、様々な価値観を持って他の大学、キャンパスよりも一人一人がより近い関係で生活して行きます。更に網走という地で、今までにない環境下での生活なので、コミュニケーションが欠かせないので、社会に出る前の若者にはピッタリだと生活を振り返ってみて感じました。

受験生へメッセージ

大学生活は時間といった意味で、とても自由です。ですから、研究や勉学、バイトそして遊びといったピースをうまく組み合わせて、有意義な自己流の大学生活を送って、自分というものを作り上げていって下さい。

東京農業大学(オホーツクキャンパス)の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop