東京農業大学(オホーツクキャンパス)
大学北海道
東京農業大学(オホーツクキャンパス)

〒099-2493 北海道網走市八坂196

パンフ追加

気になるリストに追加

東京農業大学(オホーツクキャンパス)の資料をすぐにもらう

卒業生の声

東京農業大学(オホーツクキャンパス)

根岸未貴 評判・口コミ

根岸未貴

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東京農業大学(オホーツクキャンパス) 食品科学科(現食品香粧学科)
平成24年3月卒
味の素ヘルシーサプライ(株) 勤務

小腸上皮細胞におけるボツリヌス毒素の侵入経路を解明

食中毒の原因菌であるボツリヌス毒素は、自然界最強の毒素ともいわれる一方で、美容法や医療応用にも使用されるという側面をもっています。しかし、ボツリヌス菌が人体内に侵入していくその詳しい経路は未だ解明されていません。私は、その体内侵入の経路と細胞内の輸送機 序を解明することで、ヒトや家畜の中毒予防の促進をめざす研究をおこないました。まず毒素が小腸から吸収される際に、自ら小腸上皮細胞へ侵入するのか、あるいは細胞が毒素を認識して取り込むのかを調査。続いてさまざまな細胞輸送阻害剤を用いて毒素の細胞内での輸送ルートを検討しました。その結果、ボツリヌス毒素は小腸上皮細胞の活動により能動的に体内に取り込まれていくことが判明。また輸送ルートの大まかな解明にも成功しました。毒素が小腸から侵入する際の経路をより明確化できたこの成果が、ボツリヌス毒素の吸収機構を解明する有力な手がかりとなればうれしいです。

将来の目標など

卒業後は、味の素ヘルシーサプライ株式会社にお世話になります。化粧品の原料の販売、自社のシャンプーなどを製造している会社です。私はシャンプーや化粧水などの薬事業務を担当します。主に、パッケージに記載する成分表や取扱い説明書を、薬事法に従い作成します。学んできた食品を扱うわけではないので、わからないことばかりで不安ですが、早く仕事を覚えて、会社に貢献したいと考えています。わかりやすい、読みやすく作成したいと思っています。 食品科学科から化粧品の原料の会社へ就職したのは私だけです。食品香粧学科の先駆けとなり、活躍していきたいと思っています。

所属する学科で印象に残ったこと

実習や実験が多く、体を使って覚える機会がたくさんありました。世田谷キャンパスに行きミカンジュースを作ったこと、オホーツクキャンパスから近くにある農家へ行き農業をお手伝いしたこと、食品のタンパク質など成分分析の実験をしたこと…。それを学科のみんなで経験し共有出来たことが、とても楽しく嬉しかったことです。

受験生へメッセージ

私が入学したころは、まだ食品科学科でした。食品と香粧品には共通することが多く、非常に強い相互作用を持ちます。フレーバーや香料は、食品の魅力を増し機能性を高め、生活を豊かにするさまざまな香粧品には欠かせないものです。食品香粧学科になり、それらを総合して学ぶことができるようになりました。今後、たくさんの注目を集め、広く活躍する場のある学科だと思います。

東京農業大学(オホーツクキャンパス)の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop