東京電機大学
大学東京都

〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番

パンフ追加

気になるリストに追加

東京電機大学の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

東京電機大学

東京電機大学の学部・学科一覧

システムデザイン工学部

コンピュータとネットワークに関する先進的な知識と高度なプログラミング技術を修得し、あらゆるものがネットに接続されるIoT(Internet ofThings)社会で重要視されるビッグデータの生成、クラウドサービスなどによる伝達・蓄積、分析・解析(マイニング)のための高度情報システムを構築できる人材を養成します。専門知識とともに、技術者倫理やグローバル化対応能力を培います。

多様性が進む現代社会では、「もの・サービス・空間」を利用者の目線から見つめ、それを具現化させることが重要となってきます。人の感性や行動を理解したうえで、工学の知識と技術を基礎に設計段階からユーザー評価まで全体を対象とするデザインする能力を身につけ、グローバルな環境で活躍できる能力を養います。

未来科学部

安全で快適な生活を支え、豊かな空間をつくり出す建築・都市空間の未来のために、実践力を備え、国際的にも活躍できる設計者、技術者、研究者を養成することを目的としています。完全習熟教育システムや、先端IT技術を取り入れたカリキュラム、長期インターンシップなどの多様な学びを展開し、プロフェッショナルな能力と豊かな教養を身につけます。

現代社会における私たちの生活は、コミュニケーションの形態から、学び、遊びの形態までさまざまな情報技術によって形作られ、新たな魅力を持った姿に変容しています。メディア学とコンピュータサイエンスを融合し、デザイン、表現、技術などさまざまな観点から理解を深めることで、次世代の技術を生み出していく人材を育成します。

現在もそして未来にわたっても、人と社会を支え続ける「ロボット・メカトロニクス技術」。数学的なデザイン力とモデリング力に裏打ちされた確かな「ロボット・メカトロニクス技術」を身につけるため、専門となる基盤4分野(機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学)を総合的に学びます。関連理論の講義、演習やロボット製作実習を通じて、知識と技術、豊かな創造性を養い、未来につながる知的システムを生み出せる技術者を育成します。

工学部

電力・電気機器、電子情報システム、電子デバイスの3分野にわたる学びを展開し、産業界で広く活躍できる技術者を育成します。変わりゆく時代の流れにも柔軟に対応できる人材となるよう、福祉等を含め人間の幸せそのものについて思いを巡らせることのできる、高い人間力を培うことも重視します。

スマートフォン、パソコン、LED照明、ブルーレイレコーダーなど、身近な製品の基礎となる電子・光・情報に関する技術を身につけた、社会に貢献できる人材の育成が本学科の目的です。製品を企画立案し、開発のリーダーとして活躍するために、基礎から応用まで幅広い技術を習得し、さらに調査能力や国際感覚などの就業力も備えていきます。

応用化学科は、「有機化学」「無機・分析化学」「物理化学」「化学工業」の4つの学びを柱とし、環境を考慮しても人類の生活レベルを落とすことなく繁栄できる安全・快適で持続可能な社会の構築に貢献できるように、応用化学の分野で社会のさまざまな課題に挑戦し活躍できる人材を養成しています。

機械工学科は応用力に優れたジェネラリストの養成を目的とし、機械工学の基礎となる材料・機械・流体・熱の4力学の理解と、新分野への展開に欠かせない基礎教育に重点を置いています。基礎的知識の応用力、論理的思考力を養い、技術革新の激しい現代社会で幅広く活躍し、先端を切り開ける機械工学技術者を養成します。

今後の社会に生かせるものづくりを行うためにはまず基礎をしっかりと固め、その後、段階的に知識と技術を高めていくことが必要です。機械工学に加え、情報、コンピュータ、光学、医用工学など先端工学を取り入れた教育・研究を実施し、機械、計測、制御、精密加工などの基礎と先端技術を習得し、広く社会で活躍できる技術者の育成を目的としています。

ネットワークやモバイル光ファイバをはじめとする通信系技術と、コンピュータを中心とする情報系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学びつつ、応用力と洞察力を備え、技術者として自立できる社会性を持った人材を育成します。コンピュータや通信システムのほか、音響・画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムと産業界との積極的な交流で学生の個性を伸ばし、ハードウェアを理解してプログラムも書ける視野の広い情報通信技術者の育成を目指します。

理工学部

数学コース | 物理学コース | 化学コース | 数理情報学コース

理学は工学などの分野において基礎であると同時に、それ自身が多くの研究対象をもつ分野です。理学系には「数学」「物理学」「化学」「数理情報学」の4つのコースがあり、2年次に「主コース」「副コース」を選択します。新時代の科学技術に向けて、数理学と自然科学を基礎から学び、幅広い知識と応用力を身につけます。

分子生命科学コース| 環境生命工学コース

再生医療、新薬や機能性食品など、人間の健康的な生活を支える技術の開発を目指します。 「分子生命科学コース」「環境生命工学コース」の2つのコースがあり、2年次に「主コース」「副コース」を選択します。

コンピュータソフトウェアコース | 情報システムコース | 知能情報デザインコース | アミューズメントデザインコース

複雑化・高度化する社会環境において、情報、ネットワークから、芸術、アミューズメントまで文理複合的視点から幅広い分野の教育研究を行います。「コンピュータソフトウェアコース」「情報システムコース」「知能情報デザインコース」「アミューズデザインコース」の4つのコースがあり、2年次に「主コース」「副コース」を選択します。

設計・解析コース| 加工・制御コース

高度専門技術と最先端工学に適応するエンジニアリング・センスを身につけた技術者を育成します。「設計・解析コース」「加工・制御コース」の2つのコースがあり、2年次に「主コース」「副コース」を選択します。

電子情報コース | 電子システムコース

人間について学び「ものづくり」を通して人にやさしい技術者の育成を目標としています。「電子情報コース」「電子システムコース」2つのコースがあり、2年次に「主コース」「副コース」を選択します。

建築コース | 都市環境コース

建築、土木、環境、都市について学び、これからの循環型社会の構築に寄与する技術者を育成します。「建築コース」「都市環境コース」2つのコースがあり、2年次に「主コース」「副コース」を選択します。

工学部第二部(夜間部)

生活の基盤となる電気・電子を徹底して学ぶ 電気電子工学はすべての産業に関わる基幹分野であり、環境問題や福祉の発展にも寄与する重要な学問です。本学科では、エネルギーやエレクトロニクス、回路、制御システム、コンピュータ、電子材料など多岐にわたる科目を用意し、豊かな未来を創造できる有能な技術者を育成します。

単なる知識を活用できる知識へと昇華 未来を切り開く先端技術と、そのベースとなる基礎知識を確実に習得。さらにそれらを応用、新技術の開発までを視野に入れた研究教育を展開していきます。低学年次から開始される豊富な実験・演習により、「もてる知識の使い方、いかし方」も身につけることができます。

21世紀の科学技術の中で情報通信技術は中心的役割を担っており、その発展が大きく期待されています。本学科は「情報」についてソフトとハードを偏りなく学び、情報通信分野を支える人材を目指します。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop