東北工業大学
大学宮城県
東北工業大学

〒982-8577 宮城県仙台市太白区八木山香澄町35-1

パンフ追加

気になるリストに追加

東北工業大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

東北工業大学

宮城光信

宮城光信
学長

科学技術が高度に発展している今日の社会においては、技術・工学・デザインに携わる技術者の役割は大きな役割を担っています。ひとの命を守る医療、人と人とを繋ぐ情報手段、高齢者を支える福祉、食物・食料を生産する農業・漁業、移動・物流のための手段、住みやすい地球を作る環境など、工学はありとあらゆる分野に関連し、先端的な学問であると同時に基盤技術になっています。また私たちの周りにあるパソコン、通信機器、家庭用品にいたるまで、殆どの中身はブラックボックス化し、その中身は全く分からず、外にはボタンが並んでいるだけです。技術者はその中身で正しいことが行われていることに責任を負うという重要な使命を持っています。生活を根底で支えているのは技術者であり、それ故、技術者の喜びも人知れず大きいものです。

技術の進歩・革新が急速な現代では、学生が大学で学ぶことはほんのわずかです。また、学んだことが役立つ前に、新しい技術が既に始まっていることも少なくありません。それでは大学で学ぶということはどんなことでしょうか。それは専門の基礎を学ぶと同時に、ものごとの考え方を学ぶことにあるのです。能力、ものの考え方、背景の異なる学生一人ひとりが、講義、実験での共同作業・訓練を通じて、ゴールに到達する方法を学ぶことにあります。ビッグデータとして高度に発達したインターネット世界に蓄えられている情報を自由に使いこなすことが求められるでしょう。そしてまた、課外活動、ボランティア活動、あるいはアルバイトなどを通じ、人と人とのつながりを学び、その関係を豊かにし、友情をはぐくむことが大切です。

「工学・技術」は人類福祉に貢献するためのものです。工学・技術・デザインを学ぶ学生諸君は、人間に対する深い洞察と愛が必要です。ひとの痛みが分かる人間として成長しなければなりません。ひとびとを幸せにするために、「気持ちの入った技術」を身に付けることが必要です。人を幸せにする者、人に仕える者となるためには、その歩みは遅くても、自分が納得するまで時間をかけ学び、理解を確実なものにすることに心がけなければなりません。

東北工業大学には、日本学士院会員でありコンピューターメモリーの世界的な発明者で日本国際賞を受賞者した岩崎 俊一 博士(東北工業大学 理事長)をはじめ、各学術面の第一線で活躍する教員を多数擁しています。企業と連携し、成果をあげている教員も多くおります。また、教育熱心な教員が多いことが、本学の誇りでもあります。卒業生に対する社会のニーズは高く、毎年90%を超える就職率を維持しています。そして卒業生は社会で活躍しています。

人間性豊かで創造的な人間として社会に貢献すること、それが本学の目的です。

東北工業大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop