武蔵野美術大学
大学東京都
武蔵野美術大学

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

パンフ追加

気になるリストに追加

武蔵野美術大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

武蔵野美術大学

大竹 伸朗 評判・口コミ

大竹 伸朗

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

武蔵野美術大学 油絵学科
1980年
多彩なアーティスト

“すでにそこにある”何かを求めて、ひたすらにつくり続ける

「全景」を見せることにこだわる理由

1980年代の初めに、大きなキャンバス、原色の多用と勢いのあるダイナミックな筆致で圧倒的な人気を博した「ニューペインティング」。その日本における旗手の一人として、大竹伸朗は鮮烈なデビューを飾った。ムサビを卒業してすぐのことだ。
ニューペインティング熱は時代とともに終わりを告げたが、大竹は、もともとそんな流行とは無縁だったというように、その後もひたすら作品をつくり続けてきた。

大竹ほど多作のアーティストは、ちょっといない。その事実を衝撃的に見せてくれたのが、2006年10月、東京都現代美術館を全館まるごと使って開催された初の回顧展、「全景1955-2006」だった。3層のフロアからなるこの広大な美術館を、たった一人で使い切ったのは、もちろん大竹が初めてだ。

「量が見せられなければ不完全燃焼になっちゃう。だから美術館での回顧展はずっと断ってきた。『全景』も全館まるごとじゃなきゃやらない、って言って(笑)。ホントはそれでも足りなくて、もう一館ほしいくらいだったけどね」

この展覧会では、2,000 点にも及ぶその作品数に、まず圧倒される。そこには小学生のころの落書きや作文から、中学、高校時代、もちろんムサビ時代の作品もある。その後の制作はさらに膨大で、会期後ほぼ一年を費やしてまとめられた展覧会図録は、優に1,000ページを超えるものとなった。

「画廊での新作展は、その2?3年の制作を切り取って見せる、いわば"点" でしょう。おれの場合それじゃあバラバラで、なにがなんだかわかんないと思う。それを一本の線上に並べてみる。そうすれば絶対何か、ラインが見えてくるはずなんだと思っていた」

大竹にとって、たとえば「ニューペインティングの旗手」が当時の「大人たち」の貼ったレッテルに過ぎなかったように、その作風はあくまでも自由で多彩だ。
オーソドックスに油絵具でキャンバスに描くかと思えば、突然切り貼りのコラージュが乱入してくる。一方では抽象的なタブローが展開し、また船の廃材を使ったり、楽器を組み合わせた音を奏でる立体作品も制作する。そもそも大竹は、アーティストとしてより、ミュージシャンとしてのデビューの方が早かったともいう。さらに現代日本のチグハグな風景をぬりえ風に仕立てて見せた「ぬりどき日本列島」ではイラストレーション風に、かと思えば『ジャリおじさん』という、子どもにも大人にも広く支持された絵本まで手がけている。
しかもそのすべてがほとんど同時に進行していて、全貌はなんともつかみにくい。だからこそ、「(できるだけ)すべて」を、しかも一挙に見せることに、大竹はこだわり続けてきた。その成果が、東京都現代美術館の「全景1955-2006」展なのだ。

武蔵野美術大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop