武蔵野美術大学
大学東京都
武蔵野美術大学

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

パンフ追加

気になるリストに追加

武蔵野美術大学の資料をすぐにもらう

学生の声

武蔵野美術大学

河合 佑樹 評判・口コミ

河合 佑樹

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

武蔵野美術大学 油絵学科[版画専攻]

将来の仕事を意識し、接点を持ちながら学べる環境です。

版画専攻では3年次前半に、木版、銅版、リトグラフ、シルクスクリーンの4版種の技術を徹底的に学びます。各版種いずれも圧倒されたのが、工房の設備、銅版のプレス機などは、日本一といわれる大きさと聞きました。しかも版画専攻は1学年20数名なので、分かれると1工房あたり6~7名。4年生と院生とを合わせて実質10数名で、その立派な工房を独占できるわけです。もちろん大きな設備は共用ですが、逆に上級生が機器の扱いを教えてくれるなど、先輩後輩の関係が近いというメリットもある。技術面だけでなく、進路の情報なども教えてもらえるのでありがたいですね。特別授業では海外の著名なアーティストの制作指導を受けられるなど、本当に恵まれた環境で密度の濃い勉強ができている、と実感します。今、学んでいるシルクスクリーンは、印刷など実社会とのつながりも深く、その点でも興味深い。将来、仕事に生かす道も考えながら、しっかりと技術を身につけようと思います。

武蔵野美術大学の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop