武蔵野美術大学
大学東京都
武蔵野美術大学

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

パンフ追加

気になるリストに追加

武蔵野美術大学の資料をすぐにもらう

学生の声

武蔵野美術大学

青石 太郎 評判・口コミ

青石 太郎

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

武蔵野美術大学 映像学科

演出は自分で決め、カメラの動かし方で生々しさを撮る。

映像学科のカリキュラムは、さまざまな映像の専門領域を包括的に横断しながら学びますが、最初から映画表現志望でした。といっても映画を撮ったことはなく、制作は入学後に始めました。一番納得がいっている作品は、3年後期に撮影したドラマ『不自由な日』。本当に強盗だったのか、強盗に似た人だったのか、見た人に決着を委ねるストーリーです。シナリオは、なんとなく思いついたのをメモしておき、それを読み返し、書き足していくうちにできあがることが多いですね。映像は、この作品に限らず、生々しい感じが好み。固定カメラで邪魔なものを一切排除して撮るというより、多少のカメラのブレはOKなドキュメンタリー風の絵です。でも、演出は自分で決め、現場の動きと画面に入ってくるものはきちんと把握し、その上でカメラの動かし方で生々しい雰囲気を作ることを目指しています。将来的には映画制作を続けていきたいし、ドキュメンタリーも撮ってみたいと考えています。

武蔵野美術大学の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop