沖縄国際大学
大学沖縄県

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1

パンフ追加

気になるリストに追加

沖縄国際大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

沖縄国際大学

運天 寛樹 評判・口コミ

運天 寛樹

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

沖縄国際大学 法学部 地域行政学科
3期生(平成20年3月卒業)

~学生時代の様子~

明確な目標は無かったのですが、漠然と公務員になれたらいいなと思い地域行政学科に入学しました。大学の仕組みをよく知らなかったこともあり、1,2年生の頃はよく遊んでいました。単純に4年間で卒業単位の124単位を取れればいいと思っていたので、周りの仲間たちが年間40単位の取得を目指しているところを、私は20単位程度しか取得していなかったと思います。通常は、3,4年生で就職活動をしなくてならないので、1,2年生で可能な限り単位を取得するものなのですが、全くそのことを考えていませんでした。そのお陰で、3,4年生のときは大変苦労しました。

~在学中に「宅地建物取引主任者」「行政書士」に合格~

奨学金を借りて大学に通っていたので、このままではまともな職業に就けずまずいと思うようになりました。まわりに金融機関を志望する友人たちが多く、法学部ということもあったので、友人らとともに宅建(宅地建物取引主任者)の資格取得に挑戦することにしました。3年時中に見事合格。宅建に挑戦したことで、法律の面白さに気づき、4年生では行政書士に挑戦し、合格することができました。

~専門学校の講師からロースクールへ~

卒業後、在学中に取得した宅建の資格を生かして、専門学校で宅建を教える講師になりました。そこで2年ほど講師業を行っていたのですが、「生徒たちの質問にもっと答えられるようになりたい」、「自分のスキルをもっとアップしなければ」と思うようになり、祖父のサポートもあり、司法試験の勉強を決意しました。
その後、愛知学院大学法科大学院に入学。法科大学院の講義は、教授が受講生に質問をしながら展開していくのですが、質問に答えられないと成績に影響するため、予習を欠かすことはできません。また、受講生が少人数ということもあり、頻繁に当てられました。講義と講義の合間の空き時間などは、予習やレポートの作成に充てていました。この三年間は、人生で一番勉強したと思います。

沖縄国際大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop