産業能率大学
大学東京都

〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15

パンフ追加

気になるリストに追加

産業能率大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

産業能率大学

浦野哲夫

浦野哲夫
学長

少子高齢化、低成長、グローバルという環境の中で産業能率大学の学長に就任することになりました。少子化、特に18歳人口の減少はすべての大学にとって非常に困難な問題でありますので、世の中で活躍できる人材を送り出すことを基本原理に据えて重責を全うしたいと考えております。

 1979年に開校した産業能率大学は、まもなく40周年の節目を迎えることになります。本学の建学の精神には次のことが謳われています。
 「時流におぼれず、慣習にとらわれず、独断を排し、常に真実を求めつづける人間」を集め、彼ら・彼女らを「マネジメントの思想と理念をきわめ、これを実践の場に移しうる能力を涵養し、もって全人類に幸福と繁栄をもたらす人材」として育成し、「単なる学術の修得のみに終わらず、広く世界に目を向け、他の意見を尊重し、自分をいつわらない誠実な人格を持った人間」に形成していく。

 本学の母体である日本産業能率研究所は1925年の創立であります。日本産業能率研究所は創立当初から欧米の近代的経営手法の日本産業界への普及、個別企業向けコンサルテーションなどを通して産業界と緊密な関係を築いてきております。その活動は現在でも毎年多くの社会人に対する教育として継続されています。その知見をベースに開校されたのが産業能率大学であり、社会人教育と学生教育を二本柱として展開する学校法人として、非常にユニークな教育機関となっております。
 それゆえ本学は、伝統的に産業界とのつながりが深く、ビジネスの最前線で起こっていることを学生がいち早く理解できる講座の設計及び運営を実現しています。そしてこのことが本学の強みと評価頂いております。また本学で他の大学に先駆けて取り組み、文部科学省の「大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択いただいて進めているアクティブラーニングの深化も大きな特長です。アクティブラーニングの実践過程で身につくスキルのおかげで、産能大卒業生は物怖じしないとのコメントを頂けていることは大変喜ばしいことであります。
 更に現在のように地方創生がブームとなる前から本学で取り組んできた産官学民の連携による地域の活性化に関しても、これから一段と取り組みを強化します。以前より実施してきたキャンパスの地元である自由が丘や湘南地区の商店街等とのコラボレーション、あるいはプロスポーツとの提携を通した地域貢献は、学生が地域に意識を向け、その中で実践的な経験を積むための非常に良い機会となっています。最近では、その場が多地域に広がり、取り組む内容にも深みが増しています。大いにご期待ください。

 世の中で活躍できる人材を送り出すことを基本原理に据える本学の建学の精神は本学独自のものであり、かつ現在にも通用する精神でありますので、学生教育のバックボーンとして今後とも大事にしていきたいと思います。
 私自身も民間企業出身であり、前職で25年に渡る海外勤務を経験してきましたので、その経験に基づく知見を学生と共有できればと考えております。

産業能率大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop