群馬医療福祉大学
大学群馬県

〒371-0823 群馬県前橋市川曲町191-1

パンフ追加

気になるリストに追加

群馬医療福祉大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

群馬医療福祉大学

阿部 葉月 評判・口コミ

阿部 葉月

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

群馬医療福祉大学
2014年
精神保健福祉士
外苑クリニック

この仕事の魅力・やりがいは?

生活の中で精神的・身体的にダメージを受けたり、ストレスを抱え悩んでいる方々。そうした患者様に向き合い、お話しを聞き、医療・福祉サポートを通し問題解決のお手伝いをしていく仕事。クリニックの外来に初めていらした患者様の面談、デイケアに通い生活リズムを取り戻し、社会復帰や就職を目指している方に日々接し、活動しています。難しいのは患者様の症状が病気によるものなのか、あるいは性格的なものなのかを見極める事。一人として同じ症状はなく、解決策というサポート法も一つでない中、より良い支援策を摸索するのは簡単ではありません。ただ日々新しい発見があり、私自身の成長も感じられる仕事。とてもやりがいがあります。

今の仕事との出会い・きっかけ

高校時代に目指したのは社会福祉士。しかし大学で学ぶうちに精神保健福祉士という職業に興味を持ち、目指す道を方向転換しました。大学では授業の他に実習やボランティア活動の機会が豊富にあり、学生でありながらたくさんの「現場」を経験することができました。先輩方、患者様ご自身から様々なことを教わり、一人ひとりを尊重し決して患者様を同一化せず、その人のケースとして汲む力が大切なんだということを学びました。現在の勤務先は大学の先生の紹介で知ったこともあり、安心して就職できました。職場環境としては同じ精神保健福祉士として働く4つ上の先輩がいるため心強く、常に相談し、また連携をして業務に取り組んでいます。

学生時代の思い出は?

親にあまり負担をかけたくなくて、週4日はアルバイトにも励むとても忙しい学生生活を送っていました。今考えると「すごい体力があったな」と思います(笑)。この仕事は医療、福祉やその各種制度に関連する幅広い知識が必要です。また毎年のように法改正があるため、自分からインターネットや資料を取り寄せるなどして最新情報を調べることも大切です。とにかく学生時代にベースの基礎知識をつけ、情報を得る楽しさを感じ、またそれを楽しめるようにすることをお薦めします。社会に出るとやるべき業務がいつも目の前にあり、じっくり勉強に励む時間を作るのは難しくなります。学生の特権、学ぶことを第一優先にしてぜひ頑張ってください!

群馬医療福祉大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop