酪農学園大学
大学北海道
酪農学園大学

〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地

パンフ追加

気になるリストに追加

酪農学園大学の資料をすぐにもらう

願書・入試

酪農学園大学

入学試験制度

■一般推薦入学試験【全学類】

本学を専願志望で下記の条件を満たし、出身高等学校長が推薦する者
○循環農学類・食と健康学類・管理栄養士コース・環境共生学類・獣医保健看護学類
 高等学校を卒業および卒業見込みの者で、全体の評定平均値が3.0以上の者(浪人年数を問わない)
 ただし、管理栄養士コースは全体の評定平均値が3.5以上の者
○獣医学類
 高等学校を卒業および卒業見込みの者で、全体の評定平均値が3.5以上の者(1浪まで)

■産業振興特別推薦入学試験

本学を専願志望で下記の条件を満たし、出身高等学校長が推薦する者
●A推薦<専門学科高等学校対象>
高等学校を卒業及び卒業見込みの者で、全体の評定平均値が3.0以上の者(浪人年数を問わない)
ただし、管理栄養士コースは全体の評定平均値が3.5以上の者
・循環農学類
高等学校の農学又は水産に関する学科を卒業(見込み)の者または関連科目を修得(見込み)の者
・食と健康学類
高等学校の食品・水産・農業・商業に関する学科を卒業(見込み)の者または関連科目を修得(見込み)の者
・管理栄養士コース
高等学校の食品または栄養に関する学科を卒業(見込み)の者または関連科目を修得(見込み)の者
・環境共生学類
高等学校の環境に関する学科を卒業(見込み)の者または関連科目を修得(見込み)の者

●B推薦<後継者対象>(すべての高校から出願可能)
高等学校を卒業および卒業見込みの者(全体の評定平均値・浪人年数を問わない)
・循環農学類/食と健康学類/環境共生学類
親族が農業を経営しており、将来その経営を引き継ぐ意思のある者または、親族が事業(農業を除く)を経営しており、卒業後にその経営を引き継ぎ、地域振興に寄与しようという意欲のある者


■自己推薦入学試験(前期・後期)【循環農学類/食と健康学類/環境共生学類/獣医保健看護学類(前期のみ)】

◇自己推薦入学試験とは
自己推薦入学試験(獣医学類と管理栄養士コースを除く)とは本学への入学意志が強いにもかかわらず、出身高等学校から推薦書を得ることができない場合に自分自身で推薦書を作成し出願する制度です。本学を専願志望で下記のいずれかの条件を満たし、高等学校を卒業または卒業見込みの者、または同等の学力があると認められた者が対象となります。
1.本学への明確な入学目標があり、それを実践できる熱意・能力がある者。
2.生徒会長(副会長)、常設委員会に委員長(副委員長)、クラブにおいては主将(副主将)・部長(副部長)の経験者
3.都道府県レベルの各種大会出場および顕著な活動歴(ボランティア活動等)のある者
ただし、農業後継予定者、地域産業後継予定者は「後継予定者確認書」が必要となります。


■指定校推薦

【出願資格】
出願資格については指定校に直接通知しますので、担任または進路指導の先生にご確認ください。


■学力入学試験

【出願資格】
1.高等学校を卒業した者および卒業見込みの者
2.通常の課程による12年の学校教育を修了した者および修了見込みの者
3.高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および見込みの者(下記①~⑥)

①外国において、学校教育における12年の過程を修了した者および修了見込みの者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣に指定した者
②文部科学大臣が高等学校の過程と同等の過程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者および修了見込みの者
③専修学校の高等課程で文部科学省が別に指定したものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
④文部科学大臣の指定した者
⑤高等学校卒業程度認定試験または、大学入学資格検定試験に合格した者で18歳に達する者
⑥その他、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者で同等以上の学力があると本学が認めた者


■センター試験利用入学試験

【出願資格】
大学入試センター試験で、本学が指定する教科・科目を受験した者

【選抜方法】
大学入試センター試験の成績、および調査書により総合的に選抜します。
※本学独自の個別試験は課しません。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop