関西医療大学
大学大阪府

〒590-0482 大阪府泉南郡熊取町若葉2-11-1

パンフ追加

気になるリストに追加

関西医療大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

関西医療大学

吉田 宗平

吉田 宗平
学長

本学は、この建学の精神のもと創始者武田武雄が大阪府の鍼灸マッサージ業界の後継者と発展を目指して、昭和32年5月関西鍼灸マッサージ専門学校(現関西医療学園専門学校)を設立したことに始まります。以後、昭和60年4月関西鍼灸短期大学を開学して、平成15年4月には4年制大学として関西鍼灸大学(鍼灸学部)に昇格しました。以後平成19年4月には、関西医療大学と名称変更し、現在は新たに大学院保健医療学研究科(修士課程)を加えて、2学部5学科と大学院1研究科となり、鍼灸など東洋医学的な伝統を踏まえて西洋医学との融合を目指し、全人医療を担えるメディカルプロフェッショナルを育成する総合的医療大学として発展しています。

 一方で、高度な統合医療を実践教育するため、また、地域の保健医療に貢献するために附属保健医療施設を充実させてきました。附属診療所では西洋医学を中心とした各科の専門医療を、附属鍼灸治療所、附属サテライト鍼灸治療所和歌山や附属接骨院では伝統医学にもとづいた総合的な施療を行い、また、学生、大学院生および社会人医療従事者の実習や研修、研究の場としての役割も果たしております。この中で、地震や津波などの災害時に現場で直接対応できる医療技術を持った医療人の育成も重要と考えています。

 現在、わが国は世界でも稀にみる速さで超高齢社会となり、高齢者の疾病は多様化し、現代社会を反映したメタボリックシンドロームやうつ病などストレス性疾患が急増しております。こうした疾病構造の変化に対応するには、専門化・細分化された臓器医療を中心とした分析的な西洋医学では対応できない現状にあります。その意味では、私どもの大学にとって西洋医学と東洋医学の融合した新しい統合医療システムを担うメディカルプロフェッショナルを育成することは、重要な社会的使命と考えています。

 さて、私たち医療人が常々目標とすべき世界的に有名な医療機関があります。それは「究極のホスピタリティ」を目指す米国メイヨー・クリニックです。そのロゴマークには「三つの盾の組織」が描かれており、中央の一番大きな盾は"患者のケア"を表し、両側の小さな盾は医学研究と医学教育を表すとされています。そのモットーは、"百年のブランド"となり、「患者の利益がまず優先する」(The needs of patients come first)として患者第一主義がすべての医療の中で貫かれています。そして、「医療とは協調とチームワークを必要とする協力の科学である」(Medicine is a cooperative science, requiring collaboration and teamwork)とされ、究極のすばらしい医療が実践されています。その意味で、本学では、私どもの建学の精神をもとに医療従事者として「社会に役立つ道に生きぬく」中で、患者さんの要求を第一に優先する「奉仕の精神」を貫き、人を中心として高い倫理性と協調性を持った医学研究・医療を実践できる人材を育成したいと考えています。

関西医療大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop