静岡産業大学
大学静岡県

〒438-0043 静岡県磐田市大原1572-1

パンフ追加

気になるリストに追加

静岡産業大学の資料をすぐにもらう

卒業生の声

静岡産業大学

横井 佑季 評判・口コミ

横井 佑季

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

静岡産業大学 経営学部
2012年
浜松信用金庫

一人ひとりが動いて、周囲を動かす。そんなチームは強い。

雨が降るんです、なぜか毎年。そんな中、たくさんの人が来てくれるのを見ると、うれしかったな。4年間、学園祭の企画運営をする学友会の活動をしていました。フリーマーケットや模擬店の準備、ステージでのイベント企画、タレントへの出演交渉など。一番大変だったのは、近隣の商店や会社から寄付金を集めること。ある日、「寄付金ばかり集めて、学生は地域に貢献しているのか」と怒られたことがありました。確かに、お願いするだけで、こちらからはなにもしてなかった。そこで、みんなで話し合い、商工会議所や市役所の方々と一緒にボランティアに参加したり、イベントをお手伝いすることにしました。地域の方々と触れ合う機会が増え、学園祭も地域の行事のひとつになれた気がします。この頃から寄付金も来場者数も増えた。だれかにやらされるんじゃなく、一人ひとりがアイデアを出しあって盛り上げていく。チームワークの中で養われたのは、自ら動く力、周囲を動かす力、そして揺らがない責任感でした。

信用金庫の仕事にも共通するところがあります。窓口業務を担当して、日々地域の人々と顔を合わせ、繋がることで、大切な資産をお預かりしているという責任を感じます。さらに1日の終わりに入出金を照合する作業は、まさにチームでの協力が不可欠。数千万円単位の数字を合わせるのは想像以上に難しく、無事に完了しなければ業務を終えることができません。上司の指示を待つのではなく、自分のできることを見つけ、動いていくことが求められる。だれかがやってくれる、ではなく、自分がやらなきゃという、一人ひとりの意思が周囲に波及していく。そういうチームって強いと思う。

新人のころは些細なミスで先輩たちの足を引っ張って、トイレで泣いたこともある。辞めたいと思ったことも一度や二度じゃない。それでも続けてきたのは、やっぱりチームでやっていくことが好きだから。学生時代も、社会に出てからも、好きな仲間と好きなことを続けていられる自分って、幸せだな、って感じるんです。

静岡産業大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop