麗澤大学
大学千葉県
麗澤大学

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1

パンフ追加

気になるリストに追加

麗澤大学の資料をすぐにもらう

スクールライフ

麗澤大学

国際交流グループ日本から海外への留学、そして海外から日本への外国人留学生のサポートを主に担当するグループ。留学前事前セミナーから留学中、留学後のサポートまで多岐にわたって対応。外国人留学生に対してはビザの手続きから病院対応まで細やかなサポートを行い、全学生が安心したキャンパスライフを送れるよう心がけている。松本 弘子 国際交流センター 外国語学部担当 主に麗澤大学から海外へ留学する学生に関する業務を担当している。留学全般に関する相談から、留学に到るまでの具体的な事務手続きまで業務は多岐にわたり留学中のサポートを行います、山下 美樹 国際交流センター 副センター長 海外からのヘルプコールにも迅速に対応してくれるフットワークの良さと、面倒見の良さで人気。留学生の心の支えとなるハートフルな副センター長。

国際交流グループ

国際交流グループ

日本から海外への留学、そして海外から日本への外国人留学生のサポートを主に担当するグループ。留学前事前セミナーから留学中、留学後のサポートまで多岐にわたって対応。外国人留学生に対してはビザの手続きから病院対応まで細やかなサポートを行い、全学生が安心したキャンパスライフを送れるよう心がけている。

松本 弘子 国際交流センター 外国語学部担当

主に麗澤大学から海外へ留学する学生に関する業務を担当している。留学全般に関する相談から、留学に到るまでの具体的な事務手続きまで業務は多岐にわたり留学中のサポートを行います、

山下 美樹 国際交流センター 副センター長

海外からのヘルプコールにも迅速に対応してくれるフットワークの良さと、面倒見の良さで人気。留学生の心の支えとなるハートフルな副センター長。

留学の全てをお手伝いする。それが私たち「国際交流グループ」です。
海外から麗澤に来ている留学生の生活面をサポートする。これも我々が担うとても大事な役割のひとつ。
海外から麗澤に来ている留学生の生活面をサポートする。これも我々が担うとても大事な役割のひとつ。
山下先生 麗澤大学の魅力のひとつは活発な「国際交流」。数多くの外国人留学生を迎え入れると共に、日本人学生の留学を支援することで、国際感覚を身に付けたグローバルな学生を育成する環境と機会を提供しています。しかし、留学には数多くの手続きや安全・安心な環境を整えるための交渉が必要です。学生個人で手続きするには大きな時間と労力が必要になってしまいます。しかし麗澤大学の留学制度は外部に依頼したものではなく、教職員の手で一から作り上げてきたもの。だからこそ提携校の教職員と顔見知りになることでうまれる信頼感は抜群。国際交流グループを通じて留学することで、わずらわしい手続きなどもスムーズに行い、留学をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいですね。
松本さん 現在、麗澤大学ではアメリカ、ドイツ、イギリスなどの欧米諸国だけでなく、中国、台湾、韓国、タイ、シンガポール、ベトナムなどアジア圏からも多くの留学生を迎えています。そのため「グローバルドミトリー」という学生寮を用意し、日本人学生と共同生活をすることで、より活発な国際交流が図れる環境を整えています。留学生がより楽しく、有意義に麗澤大学で過ごしてもらうことで、在校生には「日本に居ながらして留学体験」の場を提供することが出来ているんです。また、留学生の生活面をサポートするのも交際交流グループの役割で、例えば、ビザの更新や法的なサポートなど行っています。国際交流の場は学内だけでなく、授業の一環として留学生と共に近隣の小・中・高校へと赴き、異文化交流の場を提供すると共に地域の活性化とグローバル化にも貢献しています。

山下先生 国際交流グループには英語、中国語、韓国語を話せるスタッフが揃っているので、言葉の壁で意思の疎通ができないという心配はありません。体調が悪い場合には病院の手続きだけでなく、スタッフが一緒に付き添うこともあります。学ぶ環境だけでなく、日常に対する細かなケアも私たちの大切な役割です。
安心できる教育環境を麗澤大学は用意しています。だから、みんな、安心して行っておいで。
松本さん 麗澤大学は45大学と提携を結び、数多くの留学生を送り出しています。提携校は授業内容、環境、治安、費用など厳しい審査によって選ばれ、保護者や学生の希望とあう提携校を選択し、留学の手続きを行います。そして、国際交流グループは留学の手続きだけでなく、日本人学生の留学状況をしっかりと把握することも大きな役割。現地での生活・健康管理、メンタル面でのサポートを行いながら、学生の情報を保護者の方も確認できるよう、留学先から現地レポートを学生に提出してもらっています。必要があれば個別にメール等で連絡を取りあい、留学する学生と日本で待つ保護者の方が安心して生活を送れるように心がけています。

山下先生 海外への留学は、学生だけの問題ではありません。日本で見守る保護者に対して、しっかりと情報を提供することも重要な仕事。待っている保護者の方々は心配でたまらないと思いますから、安心して頂きたいです。また、海外留学は毎年、条件や授業内容が変更されることが多く、必要になる費用もレートによっても変化します。費用の面で高額になってしまうアメリカやイギリスだけでなく、多様化する英語を習得でき、比較的リーズナブルに留学が体験できるタイやシンガポールの大学とも提携を増やしています。

松本さん 日本とは大きく環境の異なる地への海外留学は、学生にとって貴重な経験になることは間違いありません。言葉の壁、習慣の違いなどを実際に体験することで世界を感じ、日本国内ではなく世界から日本を見ることで、より日本人としての自覚が芽生え、グローバルな考え方が身につきます。社会に出る前に、日本人としてのアイデンティティを確立できる留学体験は、これからの国際社会において大きなアドバンテージになるはずです。

山下先生 海外留学は大きな体験学習の場。留学中の異文化体験によって学生たちが視野を広げ、「いろんなことに挑戦することが何より大切だ」と私たち国際交流グループは考えています。留学生を迎えること、海外に学生を送り出すこと、双方の学生が安全で快適に学べる環境をさらに充実させていきたいですね。何か困ったことがあれば、学生から気軽に相談してもらえる“距離を感じさせない身近な存在”として応援し続けます。
安心できる教育環境を麗澤大学は用意しています。だから、みんな、安心して行っておいで。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop