麗澤大学
大学千葉県
麗澤大学

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1

パンフ追加

気になるリストに追加

麗澤大学の資料をすぐにもらう

スクールライフ

麗澤大学

小野圭久 陸上競技部監督 八千代工業、亜細亜大学でコーチ・監督を務め、2014年から麗澤大学の監督に就任。駅伝を通した人材教育が目標。厳しい指導の中にも選手全員を想う熱いハートの持ち主。 村瀬圭太 陸上競技部部員 経済学科 経済専攻  関東学生連合チームの代表として、2015年、2016年の2年連続で東京箱根間往復大学駅伝競走に出場。将来の夢は駅伝の指導者。 清水麻里 陸上競技部マネージャー 外国語学科 英語・英米文化専攻 監督と選手のパイプ役として駅伝競技を支える重要な役割りを果たすムードメーカー。女子マネージャーの基盤を構築。教員試験に現役合格しており、2016年4月からは教員となる

陸上競技部

小野圭久 陸上競技部監督

八千代工業、亜細亜大学でコーチ・監督を務め、2014年から麗澤大学の監督に就任。駅伝を通した人材教育が目標。厳しい指導の中にも選手全員を想う熱いハートの持ち主。


村瀬圭太 陸上競技部部員 経済学科 経済専攻 

関東学生連合チームの代表として、2015年、2016年の2年連続で東京箱根間往復大学駅伝競走に出場。将来の夢は駅伝の指導者。


清水麻里 陸上競技部マネージャー 外国語学科 英語・英米文化専攻

監督と選手のパイプ役として駅伝競技を支える重要な役割りを果たすムードメーカー。女子マネージャーの基盤を構築。教員試験に現役合格しており、2016年4月からは教員となる

目指すは箱根駅伝。決して遠くないゴールだと思いますよ!
2年連続、箱根駅伝で快走を果たした村瀬選手と麗澤大学陸上競技部メンバーの深い絆。
2年連続、箱根駅伝で快走を果たした村瀬選手と麗澤大学陸上競技部メンバーの深い絆。
2015年、2016年の2年連続で箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)に関東学生連合の選抜メンバーとして出場を果たした村瀬選手。2016年大会では往路4区(平塚-小田原:18.5㎞)を56分28秒の好タイムで快走し、大きな話題になりました。そこで、陸上競技部の小野監督、村瀬選手、清水マネージャーにお集まりいただき、箱根駅伝への想いを語っていただきました。

小野監督 麗澤大学の陸上競技部は、現在22名の選手と5名のマネージャーで構成されていますが、この規模は強豪チームの半分にも満たない、小さなチームです。それだけに個人個人の関わりは深いのですが、まだまだ十分な環境とは言えません。私が麗澤大学の監督に就任して現在2年目ですが、今は私が目指すチーム作りに奮闘している状況です。その中で村瀬選手が2年連続で選抜メンバーに選ばれたことは素晴らしいと思っています。

村瀬選手 2015年、2016年と箱根を走らせてもらったのですが、2015年は無我夢中でしたが、2016年は自分でも驚くほど冷静で、走りながら「ひとりでもこんなに楽しいのだから、麗澤大学の仲間と走ったらもっと楽しかったはず…」と、悔しい気持ちが込み上げてきたのを覚えています。でも、沿道から大声で応援してくれる仲間の声が聞こえた時、駅伝の基本である「自分はひとりじゃない」ことに気がつき、「麗澤大学・陸上競技部の一員」として最後まで走りきることができたのです。

清水マネージャー 村瀬選手はクールな顔で走っていましたが、その胸の内は複雑だったと思います。2015年は出場できなかった先輩のことも考えたでしょうし、2016年は最後の年に仲間とタスキをつなげなかった悔しさがあったと思います。マネージャーとして常に一緒にいますから、彼の気持ちは痛いほど分りました。でも絶対に弱音を吐かず、その想いを力に変えて黙々と走る姿に、部員全員の心がひとつとなったのではないでしょうか。本番の箱根駅伝では出場機会を逃した部員たちが、誰ひとり欠けることなく沿道から大声で応援していましたから。

小野監督 駅伝はマラソンとは違い、チームで行うスポーツ。監督、選手、マネージャー、スタッフがひとつのチームとして機能しなければなりません。その中で、選抜に選ばれた村瀬選手は嬉しさと悔しさの両方が複雑に交わっていたことだと思いますが、その想いを背負って走り切ったからこそ、選手として、人として、大きく成長したと思っています。彼の目標に向かって突き進む行動力は他の部員の意識を高めることにもなりました。そのストイックさや貪欲さは、後輩への大きなメッセージとしてしっかりと伝わったと思います。

村瀬選手 麗澤大学で駅伝を始めた頃は、周囲に流されることも少なくありませんでした。でも、2年生になって小野監督と出逢ってからは、自分の中で変化が起きたのは確かです。監督の「ここでやれることは、今しかない」という言葉に励まされ、駅伝というスポーツを正面から受け止めることができたのです。私は決して早く走れるタイプでありません。でも、監督は「持続力」という部分に注目してくれ、独自のトレーニングメニューを考えてくれました。その結果、2年連続で箱根へ出場できることになったのですから、監督の潜在能力を見極める目は凄いと思います。私も将来は指導者として駅伝に関わりたいと考えていますが、小野監督は憧れでもあり大きな目標です。
3年後、麗澤大学として箱根を走る!小野監督が語る熱き思い。
清水マネージャー 周囲からは「小野監督は怖い」と言われることもありますが、その指導はチームや選手が強くなるために必要なこと。練習方法だけでなく、食事や生活環境をしっかりと把握することで、選手ひとりひとりが確実に変わってきました。マネージャーとして選手たちを見ていると、モチベーションが高まっているだけでなく、実際に強くなっていることが記録として現れたので驚きました。

村瀬選手 監督の言葉は厳しいですが、それは怒っているのではなく「説教」だったと思っています。監督は感情的に怒っているのではなく、部員に対する期待と愛情が感じられましたから。練習が終わればフランクに接してくれるし、くだらない相談にも気軽に乗ってくれる、とても尊敬しています。

小野監督 そんなに怖く見られていた? 私からすると清水マネージャーの方が怖いんだけど…(笑)。20160201 麗澤大学様20861

清水マネージャー そんなことありませんよ(怒)。でも、選手が不安に思っていることや、選手同士の温度差を埋めることもマネージャーの仕事ですから、監督にはずいぶん文句を言ってしまったかも…(笑)。

小野監督 マネージャーの役割は思った以上に大きかった。随分と助けられました(笑)。部活をスムーズにするためには絶対に必要なポジションであり、部員みんなのために頑張ってくれたことに感謝しています。チームスポーツである「駅伝」にとって、監督と選手、スタッフとの架け橋になって献身的にサポートしてくれるマネージャーの役割は大きい。麗澤大学の女子マネージャーの基盤は彼女が作ってくれたようなものです。

20160201 麗澤大学様20905村瀬選手 毎日、大声でタイムを伝えてくれる清水マネージャーの声は選手たちに大きな勇気を与えてくれました。陸上競技部では“選手”とか“マネージャー”ではなく、同じ目標に向かって頑張った“仲間”であり、とても頼れる存在でした。

清水マネージャー 褒めすぎですよ(笑)。私も4年生ですから、マネージャーとしては引退です。でも、今後の麗澤大学の活躍をとても楽しみにしています。監督、早い時期に箱根駅伝に麗澤大学のタスキがつながるようにして下さいね!

小野監督 おっ、怖い(笑)。でも、3年後を楽しみにしていて欲しい。今は選手の強化や走るために最適な環境を整えている最中だからね。全てが噛み合えば、麗澤大学のタスキがつながり、箱根の山を走る日がきっとやって来る。

村瀬選手 監督の3年計画を楽しみにしています。麗澤大学が箱根を走るときは、絶対に応援に行きますからね。私たちの想いを監督に渡しますから、後輩たちにつなげてください。

清水マネージャー 予選会から絶対に応援に行きます。箱根に出場が決まったらOB、OGは何があっても強制的に全員参加させますから(笑)

小野監督 ありがとう。 みんなが残してくれた「想い」を絶対につないで見せる。村瀬選手は進学、清水マネージャーは教員を目指してここを去って行くけど、麗澤大学、そして陸上競技部で経験したことは、絶対に役立つと信じている。キミたちが卒業しても、私たちは仲間なのだから。何かあれば、ここに戻ってくるといい。いつでも歓迎するからね
3年後、麗澤大学として箱根を走る!小野監督が語る熱き思い。
小野監督、村瀬選手、清水マネージャーから大学選びで悩む高校生にエール!
小野監督、村瀬選手、清水マネージャーから大学選びで悩む高校生にエール!
小野監督 大学に入る時、何か目標を作ることが大切。語学でもスポーツでも、自分が夢中になれるものを見つけることで、より大きく成長することができるでしょう。覚悟を決めて一生懸命に進めば、必ず答えは見えてくる。一歩一歩、地面を踏みしめて山を登れば、そこには努力をした者にしか見えない景色が見えるはず。もし、走ることが好きならば、陸上競技部で駅伝を目指すのも悪くないと思います。

村瀬選手 仲間を作ってチャレンジできる大学を選んで欲しいですね。辛いことからは逃げたくなるけど、仲間がいれば乗り切れるし、楽しさも倍になります。私は麗澤大学を選んでホントに良かったと思っています。こんなに素晴らしい仲間と出逢えたのですから。

清水マネージャー ここには素晴らしい出逢いがあり、沢山のチャンスがあります。駅伝を全く知らなかった私が夢中になれたこの4年間は、これから教員を目指す私にとって大きな武器になると思っています。もう少しで卒業してしまいますが、麗澤大学で学べたことを誇りに思います。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop