ビジュアルアーツ専門学校
専門学校大阪府

〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-23

パンフ追加

気になるリストに追加

ビジュアルアーツ専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

ビジュアルアーツ専門学校

小林 和紘 評判・口コミ

小林 和紘

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

ビジュアルアーツ専門学校 放送・映画学科
監督・プロデューサー
フジクリエイティブコーポレーション

「必殺シリーズ」や「北の国から」など 人気ドラマに多数携わる

常に新しい発想で挑みたい
テレビの仕事は、自分で考えて演出したものが目に見える形で表現されるから面白い。一度として同じシチュエーションはなく、毎回新たな挑戦と工夫が求められます。多くの困難を乗り越えて形にしたものが、第三者の評価を受け認められた瞬間は一番幸せを感じます。

を惹きつける力を備えよう
この業界に、自分1人で出来る仕事は1つもありません。いい作品をつくるには、同じ考えを共有するスタッフや作品に愛があるスタッフを集められる「仲間を惹きつける才能」が必要です。技術・センスを学びながら、人との上手な付き合い方も磨いてください。

主な作品
プロデューサー作品:
山田太一ドラマスペシャル「よその歌わたしの唄」
監督作品:「ラブ・レボリューション」「Dr.コトー診療所」
助監督作品:「必殺仕事人」「北の国から」 etc...

PROFILE:卒業後、松竹京都映画撮影所を経て、FCC(フジクリエイティブコーポレーション)に入社。フジテレビ系のドラマを中心に演出し活躍する。

ビジュアルアーツ専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop