中央理美容専門学校
専門学校東京都
中央理美容専門学校

〒161-0033 東京都新宿区下落合2-3-16

パンフ追加

気になるリストに追加

中央理美容専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

中央理美容専門学校

木下 裕章 評判・口コミ

木下 裕章

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

中央理美容専門学校
1987年卒業 33期生
オーナー/理美容師
KINOSHITA GAIEN EAST STREET

「理容・美容」にこだわらない新しいプロのスタイル。

1968年生 理容師・美容師の免許を取得。現在東京四谷に2店舗(KINOSHITA GAIEN EAST STREET)を経営しながら、全国を回りセミナ-などを開催。メディアなどでも活躍中。

お客さまの違いを知ることでアイデアが生まれてくる

ぼくのこだわりは“理容と美容にこだわらないこと”。性別、年齢、職業…どんなお客さまがいらしてもお応えしてあげたいからなんです。家族全員で通ってくださったり、恋人同士で来てくださるお客さまに満足していただくためには「理容」と「美容」の違いなど関係ありません。

伝統を守りながらサロンを成長させていく

四谷という町と歩み続けたこのサロンは、昔からのお馴染みさんも多く、3世代に渡り通ってくださるお客さまもいます。でも、ビジネスオフィスが増えた最近では、20歳代の女性のお客さまが主流に。そんな流れに合わせ、サロンの雰囲気も女性向けにオシャレなものに変えてきました。とはいえ、昔からのお客さまが気軽に立ち寄れる雰囲気は残しておきたいですね。

感性よりも“感受性” 共に創造していく“ものづくり”

一人ひとりのお客さまのご要望に自分の技術で応えていく。そんな「ものづくり」の部分がこの仕事の魅力。美しさも、実用性も、両方を兼ね備えたヘアスタイルが求められているのです。ぼくたちの仕事に必要なのは感性よりも“感受性”。相手のことを感じとることから、はじまるのです。

中央理美容専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop