仙台接骨医療専門学校
専門学校宮城県
仙台接骨医療専門学校

〒983-0005 宮城県仙台市宮城野区福室3-4-16

パンフ追加

気になるリストに追加

仙台接骨医療専門学校の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

仙台接骨医療専門学校

島谷俊美

島谷俊美
理事長・校長

「自分に厳しく、人に優しく」

本校は昭和27年の創設以来、柔道整復師の養成一筋に歩んで参りました。まさに、昭和26年の「学校教育にもとづく免許制度」が施行されて以降に刻まれてきた柔道整復師の歴史は、本校の歴史でもあります。
 柔道整復師養成の本流ともいえる本校には、真剣に柔道整復師を目指す人達が全国各地から集まってきます。今日までに巣立って行った約4千名の卒業生は全国各地で地域医療を支え、各都道府県の柔道整復師界において重責を担っております。
 近年、柔道整復師の活動領域は多方面に広がり、知識と技術は外科医療や介護分野、スポーツトレーナーなどで用いられておりますが、柔道整復師としての成功を手にするためには、柔道整復師の基礎・基本をしっかりと身に付けることが大切です。
 したがって、本校では国家資格を取得してから先、各現場において長く柔道整復師として活動することを目的としたカリキュラムを組んでいます。
 柔道整復師の活動の範囲や役割が変わり、学習内容が進化しても、柔道整復師の基本はいつまでも変わることがありません。
 医療者として、患者さんへの施術に間違いがあってはなりません。特に、痛みや傷を負った患者さんに直接触れて施術をする柔道整復師には、それにふさわしい技能が必要です。
 本校では柔道整復師に必要な知識や技術は、解剖学や生理学、柔道整復実技などの科目を中心に時間をかけて、皆さんが分かり易く学べるようにしています。
 また、柔道整復師の素養として求められる気力・体力・集中力などは柔道実技を通して養います。特に、柔道の「受け身」を学ぶことで、医療人として真に大切な「いたわりの心」が身に付きます。
 長い歴史の中で培われた柔道実技の授業は、理論では学び取れない柔道整復師の奥義を体感し会得するためのものであり、柔道整復師を目指す皆さんの心と身体のバランスを整え、将来必ずや皆さんの「底力」になることを確信しています。
 本校では精神鍛錬や実社会で必要なマナー、モラルの向上の為に「東北柔専五省」を唱えています。医療人は常に「自分には厳しく、人には優しく」あることが求められます。
 柔道整復師を目指す皆さんが、三年間の学修を通して柔道整復師の実力を身に付け、大きな夢を描いて社会に羽ばたいていただくことを願っています。

仙台接骨医療専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop