創形美術学校
専門学校東京都
創形美術学校

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-31-2

パンフ追加

気になるリストに追加

創形美術学校の資料をすぐにもらう
創形美術学校の個別相談・個別見学に申込む
学校見学
オープンキャンパス実施日以外でも、見学やご相談は随時受け付けています。お気軽にお越しください。

学部・学科・コース

創形美術学校

版画専攻

版画専攻

40名

浮世絵の時代から現代まで、常に世界の先頭を歩む日本の版画。創形美術学校は、美術学校として国内初の版画科を立ち上げたことで知られ、今も毎年、多くの優秀な作家を版画界に輩出しています。4版種と言われる全ての版画技術を身につけながら、作家として独創的な表現力を追求していきます。高い技術を持った職人でありながら、世界をリードする版画作家をめざします。

ここがポイント

■「アートとデザインの垣根を越えた相互リンク」と「国際的グローバル感覚の育成」
時代性や環境にとらわれない柔軟な応用力を身につけるためにも、アートだデザインだという垣根を無くし、国際的グローバル感覚も身につけながら、世界で通用する技術や幅広い知識で活躍できるプロの美術家としての礎を築いていきます。

■1年間の基礎課程と2年間の専門課程の計3年制の特徴を活かした独自のカリキュラム
しっかりとした基礎の上に高度かつ実践的な技術、柔軟な応用力が学べます。1年次では表現基礎力「5つの力」を通して、プロに必要な基礎を修得。2年次からは様々な絵画や版画の技法を学び、自分の表現を探っていきます。3年次には講師とのディスカッションや展覧会を通じて、卒業制作へ結び付け、作家としての第一歩を踏み出します。

学費について

初年度納付金 1,395,200円入学時には、同窓会終身会費(15,000円)を納入して下さい。

※1年次の授業で使用する教材・画材代はすべて含まれております。
※寄付金、学校債などいっさい求めません。

就職・進路

■充実した就職支援を通じて、学生の就職に対する意識を高めています。
創形では、3年間という限られた時間の中で専門分野の修練はもちろんのこと、就職に対しても戸惑うことなく対応できるように就職サポートをおこなっています。また少人数制の特徴を活かして教職員が普段からコミュニケーションをとり、将来についての不安や就職活動などの助言や相談を行っています。<A・F・T色彩検定対策講座><卒業生による就職トークショー><企業説明会><就職支援コーナー><就職相談><インターンシップ><ポートフォリオ制作指導>など

1年次には基礎課程「5つの力」で基礎的な力を身につける

「5つの力」…1.技法力(いろいろな技法から生まれる表現を学ぶ)2.観察力(観察する力を修得する)3.構成力(構図、レイアウトなど組み立てる力をつける)4.PC力(パソコンを使いこなせる技術を修得する)5.色彩力(色彩感覚を学ぶ)をはじめとする基礎的演習を通して、ものづくりの喜びと将来のクリエイティブな活動のベースとなる基礎力を身につけます。

2年次では自分に合う版画技法を探る

2年次では、凹版画(銅版画)、凸版画(板目・木口木版画)、平版画(石版画・金属版リトグラフ)・孔版画(シルクスクリーン)の4版種についての技法やモノタイプ・コトグラフなどの版表現を修得します。版を用いて何が表現できるかを研究し、それと平行してデッサンやドローイングを通して自己表現の方向性を探ります。

3年次では自由で型にはまらない版表現を目指す

3年次では、自主制作や卒業制作を通じて、講師とディスカッションしながら学生一人ひとりの造形能力を引き出し、版表現の可能性を様々な角度から探ります。また、卒業制作展等の作品発表を通して、自由で型にはまらない版表現を目指します。

充実した版画工房と個別スペースのあるアトリエ

創形の版画工房は都内最大規模。シルクスクリーン製版機や木版画の リトグラフ、銅版画のプレス機や腐食室も充実。また、学生ひとりずつのアトリエスペースがあり、自分の部屋のような雰囲気で制作できます。

パリ国際芸術都市(シテ・でザール)派遣制度

「パリ国際芸術都市(シテ・でザール)」は、フランス政府とパリ市が設立。国際的な芸術家の交流が生まれる重要な拠点です。創形はその使用を認められた数少ない学校のひとつ。優秀な成績を収めた卒業生から毎年1名を留学生として派遣。留学を通して今まで大きな成果を上げています。
創形美術学校の学部-学科-専攻一覧
創形美術学校の個別相談・個別見学に申込む
学校見学
オープンキャンパス実施日以外でも、見学やご相談は随時受け付けています。お気軽にお越しください。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop