千葉医療秘書専門学校
専門学校千葉県

〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町8-16

パンフ追加

気になるリストに追加

千葉医療秘書専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

千葉医療秘書専門学校

佐藤 美空さん 評判・口コミ

佐藤 美空さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

千葉医療秘書専門学校 診療情報管理士科
2016年3月
千葉中央メディカルセンター

病院にとって大切な“情報”を正しいカタチで残せることが喜び。

入学したのは医療秘書科でしたが、授業を受けているうちに、勉強が楽しくなり、もっと知識を増やしたい、資格を取りたいと思い、3年制の診療情報管理士科に転科しました。現在私は診療情報管理士として入院患者様のカルテの病名にコーディングをしたり、正しい内容が記載されているかを点検し、保管する仕事に携わっています。目標はこれから必要性が高まるがん登録に対応できるよう、資格を取ることです。

入学動機は

ここでならがんばれると思ったから。

いろなん専門学校の体験入学に参加し、ここが一番雰囲気が良かったからです。先生や在校生の先輩たちの楽しそうな姿を見て、ここでならがんばれると思いました。また、初めて参加した時は高校の友人と一緒でしたが、その後は一人で参加。その時、高校で転校してしまった友人と再会できたり、面接の時に友だちができたりと、入学前に友人ができ、安心できたこともこの学校を選んだ理由のひとつです。
また、私は特待生で入学したのですが、そのきっかけになったのは体験入学で先生から特待生入学があることを聞き、挑戦してみようと思ったから。いろんな情報を得られたので、オープンキャンパスに参加して、本当によかったと思っています。

仕事内容/仕事のやりがい

入院患者様のカルテの管理が私の仕事。

私は診療録管理室に勤務し、診療情報管理士として入院された患者様の電子カルテ・紙カルテの管理をしています。具体的には、入院患者様のカルテの病名にコーディングをしたり、正しい内容が記載されているかを点検し、保管する仕事です。正確なカタチで管理することで、より良いデータとして残っていくというところにやりがいを感じています。

仕事での嬉しいエピソード

病院にとって大切な“情報”を正しいカタチで残せることが喜びに。

まだ仕事を始めて半年しか経っていないので、嬉しいエピソードは特にありません。カルテに不備があった場合、看護師さんやドクターに聞いて、正しい情報を記載。自分の仕事が病院に残ることが今の私にとっては喜びです。

現在の仕事をめざそうと思ったきっかけ

医療はどんな時代でも必要とされる分野だから。

高校生で進路を考えた時、資格は欲しいと思いました。どんな資格があるか調べ、医療はどんな時代でも必要とされているし、ちょうど東日本大震災があったこともあり、医療分野に興味を持ったので、めざそうと思いました。
入学したのは、医療秘書科でしたが、授業を受けているうちに、勉強が楽しくなり、もっと知識を増やしたい、資格を取りたいと思い、3年制の診療情報管理士科に転科。診療情報管理士をめざしました。

専門学校での経験で、今一番役に立っていること

専門的な知識はもちろん、諦めない強い心が身についていたこと。

診療情報管理士として仕事をしているので、資格取得のために学んだことは、今の仕事で大いに活かされていると思います。さらに、敬語やマナーも必要だったと思います。それと、諦めない強い心。試験や資格取得のための勉強は大変でしたが、最後まで諦めずにやり抜いたことで、強い心が身についたことは、今仕事をする姿勢に繋がっていると思います。

千葉医療秘書専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop