国際動物専門学校
専門学校東京都

〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-3-2

パンフ追加

気になるリストに追加

国際動物専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

国際動物専門学校

大山 裕樹 評判・口コミ

大山 裕樹

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

国際動物専門学校
株式会社リオ
小動物の飼育管理

(株)リオは、観賞魚や爬虫類、昆虫、小動物、鳥の輸出入と卸販売会社です。僕はここで鳥、爬虫類の飼育管理を担当しています。とにかく扱う動物の種類が多いんです。日本ではまだあまり馴染みのない、ヨーロッパのブリーダーが作った鳥など、なかなか見られない珍しい種類の動物も見られます。それがすごく楽しいんですけど、初めて接する動物には、学校でいろんな小動物の世話をしてきた経験に、プラスアルファが必要なんです。それともうひとつ、扱う種類が多いだけじゃなくて、数もハンパじゃなく多いから、手際のよさも求められる。たとえばハムスターが50匹入荷してきたら、それを大きさ別、雄雌別に分けるんですが、これがすっごく大変なんですよ!雄雌は尻で見分けるんです。ベテランの先輩は10分かからずに、パッパッパッパって分けていくのに、僕は40分くらいかかってしまう。でもここで分け間違えると大変なことになるので、まず正確に分けるのが第一。今、これを早くできるようになるっていうのが、僕の課題ですね。

動物への愛情だけじゃなく、仕事としてのシビアさも必要。

この仕事は面白いけど、好きだけではできないと思います。入荷した動物の様子を見て、調子が悪いものはそのときに処分しなければならないこともあります。学校ではまあそういう経験ってしないから、最初はちょっとショックでした。
でも重い病気や怪我をしているものを看病しても、「治りましたから」ってお店に出せないでしょう。そういう現実を目の当たりにしても、続けられるかどうか。そこがこういう仕事ができるかどうかの境目になるんじゃないでしょうか。

どんな動物に出会うかわからない。学校でいろいろ習っててよかった。

今、こうして働いていて、学校で飼育管理だけじゃなく、いろんな授業が受けられたのがよかったなと感じてます。難しかったものもあったけど、好きなものだけじゃない幅広い知識がもらえた。職場ではどんな動物に出会うか分からないから、何でも知っておいて損はないですよ。休日はよそのショップに行って、どんなものをおいているのかとか、今、どんなものが人気なのかとかを見てきます。これも勉強ですよね...っていうか、本当は自分が好きだから、いろいろな動物が見たくてついあちこちのショップに寄っちゃうだけなんですけれど。

国際動物専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop