大阪コミュニケーションアート専門学校
専門学校大阪府

〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江2-4-6

パンフ追加

気になるリストに追加

大阪コミュニケーションアート専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

大阪コミュニケーションアート専門学校

三嶋 章義 評判・口コミ

三嶋 章義

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

大阪コミュニケーションアート専門学校 グラフィックデザイン専攻
2000年
アートディレクター/映像ディレクター/アーティスト
FUGAHUM

自分なりのクリエーティブを表現するためには、 「足し算」できる経験と「引き算」できる感性が大切。

入学した頃は「デザイナー」という名前がカッコよくて憧れてはいましたが、正直「絶対にコレ!」という具体的な思いはありませんでした。実際にデザインを勉強し始めて「この仕事はおもしろい」と思えたんです。現在はアートディレクター、映像ディレクター、ファッションブランドディレクター、アーティストなどいろいろやっています。依頼を受けて作る広告と、自分を表現するアートは「似て非なるもの」でジレンマも感じますが、結局全部好きです。何かを作るときには、いろんなアイデアを膨らます「足し算」の時間と、いっぱい考えた中から大切なものだけを残して整理する「引き算」の時間が必要です。アイデアは簡単に生まれないから、たくさん経験して知識を得て引き出しを作るしかない。一方整理する作業は「コレがいいかも」と信じられる自分なりのセンスを磨くしかない。学生時代はあれもこれも体験した方がいいですよ。僕は学生時代、企業プロジェクトでは誰にも負けたくなかった。反面勝ったとしてもそれだけで満足はできなかった。だから卒業後ふらりとN.Yにも行きました。今さまざまな仕事しているのも、いろいろ経験してみたいからかもしれませんね。

大阪コミュニケーションアート専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop