大阪リゾート&スポーツ専門学校
専門学校大阪府

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-6-2

パンフ追加

気になるリストに追加

大阪リゾート&スポーツ専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

大阪リゾート&スポーツ専門学校

関元 崇志さん 評判・口コミ

関元 崇志さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

大阪リゾート&スポーツ専門学校 スポーツ科アスレティックトレーナーコース
2008年3月卒
xbox studio(個人スタジオ)

●仕事内容
今は個人でスタジオを経営。私以外に4人のスタッフが揃い、それぞれが自分の得意なジャンルでレッスンや運動支援を行っています。私が担当しているのは、子どもたちのダンスレッスンやリズムトレーニング、中学生から成人のパーソナルトレーニング、高齢者向けの介護予防や寝たきり予防のための指導です。下は3歳から上は80代の方まで、幅広い年齢、考え方のお客様と接しています。今、特に力を入れているのは高齢者支援。岡山のスポーツ会館に登録しているので、高齢者のご自宅や公民館へ派遣され、寝たきりにならないための運動やストレッチの指導を行っています。

●仕事のやりがい
幅広い年代、目的を持った方の指導は、正解がひとつではない。それがこの仕事の面白さです。人との出会いがあり、「ありがとう」と言われる。そのことももちろんうれしいのですが、日々の指導の中でお客様からの意見をもらい、新たな理解を深めよりよい指導を追究していくことが求められ、毎日が勉強であることにやりがいを感じています。身体を通して、さまざまな意見を受け取るのは面白いですね。ある人にとってはいいことでも、別な方にとっては良くないという場合もある。人によって異なる正解を見つけられるよう、引き出しを増やしていくことを常に意識しながらお客様と向き合っています。

●この世界を目指そうと思ったきっかけ
リゾスポに入学した当初は、ただ運動することが好きという思いだけでした。しかし勉強をするうちに、人間が一生付き合っていく身体や運動と向き合い、運動を通して人に変化や刺激、感動を与えたいと考えるようになり、自分の目指す方向が見えてきたように思います。卒業後はフィットネスジムで働いていたのですが、高齢者との関わりが多いそのジムで「身体をケアすることの基本は、高齢者の指導にあるのではないか」と感じました。学生時代はアスレティックトレーナーとしてアスリートへの指導を学んできましたが、どんな立場でも人間は同じ。高齢者に負荷をかけずに身体を動かしてもらえるような指導をすることは本当に難しく、だからこそここでの対応を再確認し、年齢に応じたプログラムを作ることはトレーナーとしての基本になるのだと思います。高齢者だけでなく、身体がまだできていない子どもも同じ。そう思ったことから、高齢者や子どもを中心に指導するようなスタジオを立ち上げようと決意したのです。スポーツ関連の仕事をしている家族がいたこともあり、2010年に独立。運動、音楽、リズムなどさまざまな要素を取り入れ、個人にあった指導ができるような場であることをテーマにした、個人スタジオを運営しています。

●心がけていること
指導される方の立場に立つこと。それが第一です。何を求めているのかを言葉で聞くだけでなく、身体の動きをしっかり見つめ言葉で聞かずとも希望を察知できるように気を遣います。それにはこまめに様子を見ること、些細な違いを見逃さないことなど、観察力と気配りが必要です。
椅子から立ち上がることができなかった高齢者の方が、指導によって立てるようになることもあります。その立ったときの笑顔、周囲の方のよろこぶ姿を見ていると、この仕事への手応えを感じます。ダンスをしている子どもたちの発表会で、うまく踊れたときの本人たちのよろこび、保護者の方のうれしそうな表情。そんな現場に立ち会えることが、この仕事の魅力。より多くのよろこびに出会うためにも、一人ひとりの問題や成長を把握し、適した指導をしていかなくてはなりません。

●就職のきっかけ
地元岡山で働きたい、地元への恩返しをしたいとい思い、就職先を探していたところ、岡山にいる家族から新しく病院が経営をするフィットネスジムができるという情報を聞き、エントリーしました。就職活動中はできるだけさまざまな人と関わるように心がけ、コミュニケーション能力を磨くようにしました。アルバイトや実習など、多様な現場に参加することでその力を磨くことができたと思います。就職後、経験を重ねるうちにやりたいことが増えてきたのですが、フィットネスジムという組織では、自分の企画や意見を通すことが難しいと仕事をするなかで気づき、独立を決意。自分で考えた企画をフットワーク軽く進行できる環境をつくりたいと考え、今の個人スタジオを設立しました。

●入学動機
講師の先生方の経歴の素晴らしさが大きな魅力でした。また実習先が豊富に用意されていることも知り、ここでなら2年間ミッチリ勉強できると思い、入学を決めました。リゾスポの明るい雰囲気、そして知識や技術を教えるだけでなく、人間性を育てるという校風も信頼できると感じました。

●学校で学んだことで役立っていること
とにかく勉強をしっかりやってきたこと。すべての勉強が役に立っていると思います。リゾスポで学ぶことは高校の授業の延長ではなく、誰もがゼロから新しく勉強すること。基礎からしっかり学べる環境にあったことは、本当に良かったと思います。解剖学や生理学など、人間の身体の構造を知ることはアスレティックトレーナーとしての基礎中の基礎。基本を理解していれば、場面に応じての応用も利くということを、社会に出てから実感しています。

●学生時代の思い出
野球部で全国1位になるという結果を残せたことが一番の思い出です。練習はハードでしたが、野球のプレーだけでなく、トレーナーとして学んだことを活かして効果的なウォーミングアップやストレッチを行うこともできる。メンバーそれぞれが得意分野でフォローしあいながら、いいパフォーマンスを目指して頑張ることができたと思います。野球部の仲間とは、社会に出た今でも繋がりがあるのもうれしいですね。

●将来の夢
一言で将来の夢を言うなら「情熱大陸に出たい!」ということです。
今年中には今のスタジオを法人化して、事業を拡大したいと考えています。病院や介護施設、幼稚園、自治体などと連携して、何か新しい企画を形にしていけるような取り組みができるよう模索中です。
仕事そのものの内容は、基本的にこれからも変わらず続けていくでしょう。その中で、多くの人に自分の考え方を伝え、人々の健康を支えていきたい。そして自分と同じような考え方や理想像を持ったスタッフを育てていきたいです。

●後輩へアドバイス
とにかくたくさんのことにチャレンジすることが大切。しかしその行動をするには、自分が正しいと思っている核をしっかりキープすることが求められます。自分の軸がしっかりしていれば、関係あることだけでなく関係ないと思えるようなことの中にも、自分を成長させるためのエッセンスがあることを感じられるはず。例えば野球のトレーナーになるために野球のことばかりを追究するのもいいですが、ちょっとサッカーの現場も経験してみれば、そこに野球にも活かせるようなアイデアがあるかもしれません。
自分自身の考え方を硬くしないで、でも軟らかくなりすぎてフラフラしないで、柔軟な軸を持ってスジを通していくことを忘れないでください。この仕事は探求心が必要だと思います。さまざまなことに興味を持ってチャレンジしてください。

●先生へメッセージ
今の自分があるのは、学校の存在、そして先生方の指導があったから。今後は学生時代にお世話になった方々に、自分の経験を活かして恩返しをしていきたいと思っています。

大阪リゾート&スポーツ専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop