大阪調理製菓専門学校
専門学校大阪府
大阪調理製菓専門学校

〒595-0021 大阪府泉大津市東豊中町3-1-15

パンフ追加

気になるリストに追加

大阪調理製菓専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

大阪調理製菓専門学校

谷本 久実 評判・口コミ

谷本 久実

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

大阪調理製菓専門学校
2009年3月卒業
パティシエ

パティシエは自分が作ったケーキでたくさんの人の笑顔にできる特別な仕事!

パティスリー リッチフィールド 西神中央店勤務。小学生の頃からお菓子を作っていたという谷本さん。高校卒業時にはパティシェになると決めて、和歌山の自宅から通えて、最新の設備が整う大阪調理製菓専門学校に進学。授業とパティスリーでのアルバイトに励みお菓子三昧の一年間を過ごす。そんな谷本さんは、多くのパティスリーが点在する神戸の中でも「別格だった」という憧れの「リッチフィールド」に就職を果たす。念願のパティシエとして勤務しているが、最近はコンフィチュールや併設のカフェで提供するドレッシングも担当している。いつか看板メニューのバウムクーヘンなど“焼き”を担当するのが目標だそうだ。

この仕事の魅力・やりがい

パティスリー リッチフィールド 西神中央店でケーキのデコレーションを担当しています。ケーキはお祝いや憩いのひと時に召し上がったいただく“お客様にとって特別なもの”。そのことを胸に刻んで、決して流れ作業にならないように、ケーキ一つひとつに心をこめて作っています。最近はケーキを携帯のカメラで撮影するなど、画像を残されるお客様が多いので、尚さらケーキの仕上げにも力が入ります。バースデーケーキなど、直接お客様の前にお持ちして、デコレーションを確認していただくことがあるのですが、その時にお客様が「すごくきれい!おいしそう」と喜んでくださると、嬉しくて私も幸せな気持ちになれるんです。

今の仕事との出会い・きっかけ

パティシエをめざして大阪調理製菓専門学校に入学してからは、有名店が点在する神戸のパティスリーに就職したいと考えていました。以来、リサ―チを兼ねて食べ歩きに出かけることが楽しみに。口コミやグルメ雑誌などで「おいしい」と評判だったリッチフィールドは、今まで食べた中で、私が一番おいしいと思った店です。さっそく担任の先生に相談すると、なんと大阪調理製菓専門学校に求人が来ていたんです。担任の先生に面接の練習を何度も行ってもらい採用試験に挑戦してみたところ、熱意が通じたのか内定をいただきました!今、憧れの店で、パティシエとして一歩を踏み出すことができた幸せを実感しながら働いています。

これからかなえたい夢・目標

昨年、“ジャパンケーキショー”に出場しました。就職して丸5年が過ぎた節目の年でもあるし、思いきって全国的な賞に出場してみたんです。結果は、初出場ながら「銀賞」を受賞!嬉しかったですね。実は、大阪調理製菓専門学校在学中に“卒業料理創作展”で最優秀賞を受賞したことがあります。この入賞がきっかけで、もっと技術を磨きたいという想いから作品制作の練習にますます力が入り、プロとなった現在までの技術向上につながっています。リッチフィールドでは会社を挙げてコンテストへの出場が盛ん。ジャパンケーキショーでもオーナーシェフ直々に指導していただき大変勉強になりました。今年も挑戦して、さらに上の賞をめざすつもりです。

大阪調理製菓専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop