奈良きもの芸術専門学校
専門学校奈良県
奈良きもの芸術専門学校

〒630-8226 奈良県奈良市小西町33

パンフ追加

気になるリストに追加

奈良きもの芸術専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

奈良きもの芸術専門学校

伊藤 敬子 評判・口コミ

伊藤 敬子

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

奈良きもの芸術専門学校 和裁特別専門学科卒業
呉服店開業

自営和裁士としての経験を経てお店をオープン

 卒業後、自営和裁士として仕事をしておりましたが、平成12年にご縁があり、呉服業を営む主人と結婚しました。
 結婚当初は呉服販売のみで経営する中、和裁士として仕事を続けさせていただいておりました。
そして、平成16年6月にお店を新築移転致しました。
新しい出発の場所は街なかの人通りのある場所ではなく、“お店に足を運んでいただいたお客様が、ゆったり、ゆっくり、おくつろぎ頂ける場所になれば…” との思いで周りにお茶畑が広がる小高い丘の上にオープンさせて頂きました。

 オープンと同時に私自身もお店に出させていただき、同時にお客様と直接お話させて頂ける様になりました。
初めは、それまでさせていただいていなかった接客や電話対応など、毎日が新しい事への挑戦でした。
そんな日々が続く中、あらためて、「一反の反物の中には、様々な人々の様々な思いが込められているのだなあ」ということに気づかせていただきました。
 お振袖をお見立てにこられた、あるご家族(お嬢様、お母様、おばあさま)の会話ですが、「家族でこんなにしゃべったの何年ぶり?あんた高校に入った頃からずーっと反抗期でさあ…」と、涙を浮かべながらお嬢様の振袖姿を御覧になられていたお母様がいらっしゃいました。
そんな光景を見させて頂いたこと、またそんなご家族と幸せな時間を共有出来た事をとても嬉しく思い、同時に呉服の仕事というのは、着られる本人様だけでなく、そのご家族や、周りの人々に感動して頂ける仕事なのだなあと実感いたしました。


 そして、蚕を育てる人、染める人、販売する人、そして着る人とそのご家族… それぞれの思いが詰まった反物を着物として仕立て上げる和裁士の仕事はその思いを形にするフィニッシュの仕事で、 やりがいがあり、かつ責任のある仕事なのだと、あらためて思いました。

 奈良きもの芸術専門学校在学中は、毎日、当たり前のようにすばらしい反物に触れさせていただき大変感謝しております、まさに体で仕立ての全てを覚えさせていただいたという経験でした、 その経験があったからこそ今、お客様に「ありがとう。」と感謝の言葉を掛けて頂ける仕事が出来ているのではないかな…と思います。
これからも、在学中教えて頂いた“日本の伝統文化の継承”と“人と人との心のふれあい”をモットーに日々努力して行きたいと思います。

ここでお店の紹介を少々…

 先程、和裁士がフィニッシュと言いましたが、さらにお客様に感動して頂きたく、主人と共に、“一生残して頂ける写真までお手伝いさせて頂きたい”という夢から撮影の勉強をさせて頂き、 着付けはもちろん、ヘアメイク、ネイル、撮影まで出来るトータルフォトスタジオを併設した KIMONO&STUDIO 志のや のスタイルで運営しております。
現在は成人式、七五三、お宮参り、ブライダル(和装中心)など様々な撮影をさせて頂いております。
 その中で、和裁士として身に付けた技術はオリジナル衣裳作りに生かされております、当店ならではの、世界にたった一枚の着物、をコンセプトに、 大人用の羽織から子供用の着物や袴へのリフォームなどアイデアと工夫を凝らして作り上げた作品はオープン当初から人気の衣裳でお客様に大変喜んで頂いております。
“ご家族の幸せ作りのお手伝い”をコンセプトに明るい社長(義母)、楽しいスタッフさん、やさしい?主人(笑)、元気な子供たち、そしてたくさんのお客様と共に 日々楽しく仕事をさせて頂いております。お近くにいらっしゃった際にはお気軽にお立ち寄り下さい、お待ちしております。

最後になりますが

現在の仕事(和裁士、呉服業、スタジオ業)に携わる者として、 これからの未来に輝く子供たち、若い人達に、日本の伝統文化、日本の心、家族の絆、を伝えて行くことに使命感を持ち これからの人生を歩んで行きたいと思います。

奈良きもの芸術専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop