奈良きもの芸術専門学校
専門学校奈良県
奈良きもの芸術専門学校

〒630-8226 奈良県奈良市小西町33

パンフ追加

気になるリストに追加

奈良きもの芸術専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

奈良きもの芸術専門学校

佐藤 仁美 評判・口コミ

佐藤 仁美

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

奈良きもの芸術専門学校 和裁テクニカル学科卒業
製品企画・商品管理
株式会社千總

「奈良きもの」で学んだことが、いまこんなことにも役立っています。

佐藤さんのお仕事は?

私の仕事は、百貨店で売れた商品を仕立てに出す前の加工処理(湯のしや紋入れなど)や、染め上がったばかりの着物を検品しています。
仕立てあがる前の状態の商品を見ているので、生地の知識、染めの知識、柄の知識、紋の知識、着物に関するすべての知識が必要となります。 学生の時に習った以上に深い知識が必要となり、覚えることが多く毎日が勉強の日々です。

就職難の時代ですが、入社試験は厳しかったですか?

やはり、応募者は大学生が多く、一人一人個性的な方ばかりでしたが、私のように和裁の技術を習っている人は少なかったので、その点で有利だったと思います。

仕事の難しさ、面白さについてはどうでしょうか。

小紋、付下、訪問着、留袖など千總の様々な商品を毎日見ることができる所が楽しいです。 その様々な商品を加工処理に出す際に、自分でいろんな判断をしなければいけないところは、まだまだ慣れず苦労しています。

学校についてお伺いします。出身は高知だそうですが、どうして「奈良きもの」を選ばれたのですか?

いろいろな学校のパンフレットを見て、ここがいいなと思って選びました。

実際に「奈良きもの」で5年間すごしてどうでしたか?

他の和裁の学校では、最終学年にやっと“裁断”を教えてもらえる所が多く、例えば1年生は袖だけとか、先輩が裁断したものを皆で分業して作っている学校が多いのですが、“奈良きもの”では、1枚の着物を最初から最後まで責任もって仕立てることができる所が、 自分の性格に合っていたと思います。また、通学制のコースがある学校も少なく、マイペース型の私には、とても良かったと思います。

奈良きもの芸術専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop